虚魚

第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<大賞>受賞作

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041118856

第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<大賞>受賞作

虚魚

  • 著者 新名 智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041118856

わたしは探している。<人を殺せる>怪談を。 横溝賞<大賞>受賞作。

“体験した人が死ぬ怪談”を探す怪談師の三咲は、“呪いか祟りで死にたい”カナちゃんと暮らしている。幽霊や怪談、呪いや祟り、オカルトや超常現象。両親を事故で亡くした日から、三咲はそんなあやふやなものに頼って生きてきた。カナちゃんとふたりで本物の怪談を見つけ出し、その怪談で両親を事故死させた男を殺すことが、いまの三咲の目標だ。
ある日、「釣り上げた人が死んでしまう魚がいる」という噂を耳にした三咲は、その真偽を調べることにする。ある川の河口で似たような怪談がいくつも発生していることがわかり、ふたりはその発生源を求めて、怪異の川をたどっていく。“本物”の怪談に近づくうち、事情を抱えるふたりの関係にも変化がおとずれて――。
選考委員の絶賛を浴びた第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<大賞>受賞作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。


おすすめコメント

これはひとつの怪談であると同時に怪談をめぐる物語。不思議な透明感をたたえ、美しく、しんと怖い。
――小野不由美氏

巧みな文章。過不足のない描写。主人公を取り巻く人間関係の、べたべたしすぎない距離感も心地好い。ストーリーの組み立てにはミステリの手法も効果的に導入されている。一か所を深掘りしすぎずに話を前進させるテンポの良さが美点である一方、要所要所で「怖さ」のフックも効いている。この手の物語で最もむずかしい着地の形も非常にきれいで、ラストの何ページかで僕は感動すら覚えた。——総じて、実に見事な作品である。
――綾辻行人氏

怪談をモチーフにしたミステリであり、ミステリとして読める怪談にもなっている(中略)キャラクターの造形や無駄のないすっきりとした構成もよく、本賞はとてもいい魚を釣り上げた。
――有栖川有栖氏

著者の中にある「怪談を語る・追う」姿勢の誠実さと相当の覚悟を感じ、胸が熱くなった。(中略)怪談と怪異を巡る新たな小説の形が一緒に解き放たれた、と感じた。文句なしの大賞。
――辻村深月氏

メディアミックス情報

NEWS

「虚魚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 毎年、横溝正史ミステリ&ホラー大賞大賞受賞作は楽しみにしています。本書は、凄く怖くはありませんが、そこはかとない怖さ、最後までゾクゾク感がありました。選評にもあったように、怪談師が怪談を語るシーンは欲 毎年、横溝正史ミステリ&ホラー大賞大賞受賞作は楽しみにしています。本書は、凄く怖くはありませんが、そこはかとない怖さ、最後までゾクゾク感がありました。選評にもあったように、怪談師が怪談を語るシーンは欲しかった気がします。怪談師という職業は実在しているんですね。デビュー作にしては、クオリティが高いので次作にも期待です。 https://awards.kadobun.jp/yokomizo/announcement/ …続きを読む
    starbro
    2021年11月08日
    259人がナイス!しています
  • 登場するのは「体験した者が死ぬ怪談」を探す怪談師と「呪いか祟りで死にたい」と願う女の子。何故?掴みからそそられる。選評の有栖川有栖の「怪談をモチーフにしたミステリであり、ミステリとして読める怪談にもな 登場するのは「体験した者が死ぬ怪談」を探す怪談師と「呪いか祟りで死にたい」と願う女の子。何故?掴みからそそられる。選評の有栖川有栖の「怪談をモチーフにしたミステリであり、ミステリとして読める怪談にもなっている」このフレーズがこの小説の本質を言い当てているね。それでいて、ひとの生きる悲しみとか怒りとか、あるいは心の結びつき、そんな細やかな感情も過不足なく描かれていて、とても好きな筆致。次も是非、読んでみたい。 …続きを読む
    みっちゃん
    2022年01月31日
    173人がナイス!しています
  • ホラー系は苦手な私だがそこまで(どこまで?)怖くない。やはり一番怖いのは生きてる人間だよね。第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作品。私が偉そうに言うのもなんだが、読み易くて完成度の高い作品だと感 ホラー系は苦手な私だがそこまで(どこまで?)怖くない。やはり一番怖いのは生きてる人間だよね。第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作品。私が偉そうに言うのもなんだが、読み易くて完成度の高い作品だと感じた。巻末の選評まで読んでやはり!と納得。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年11月14日
    164人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品