あさとほ

あさとほ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041126097

あさとほ

  • 著者 新名 智
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年07月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041126097

横溝賞受賞第一作。「人を消す物語」の正体は。長編ホラーミステリの神髄!

「わたしの周りでは、よく人がいなくなるらしい」幼い頃、夏日(なつひ)の目の前で双子の妹・青葉(あおば)は「消失した」。両親を含めた誰もが青葉のことを忘れ、彼女を覚えているのは、夏日と、消失の瞬間を一緒に目撃した幼馴染の明人(あきと)だけだった。青葉を忘れられないまま大学生になった夏日は、研究室の教授が失踪したとの報せを受ける。先生は、平安時代に存在したがその後失われてしまった「あさとほ」という物語を調べていたらしい。先生の行方と未詳の物語「あさとほ」を追う夏日は、十数年ぶりに明人と再会し、共に調査を始めるが――。二人が「行方不明の物語」の正体に辿り着くとき、現実は大きくその姿を変える。
「わたしの周りでは、よく人がいなくなるらしい」幼い頃、夏日(なつひ)の目の前で双子の妹・青葉(あおば)は「消失した」。両親を含めた誰もが青葉のことを忘れ、彼女を覚えているのは、夏日と、消失の瞬間を一緒に目撃した幼馴染の明人(あきと)だけだった。青葉を忘れられないまま大学生になった夏日は、研究室の教授が失踪したとの報せを受ける。先生は、平安時代に存在したがその後失われてしまった「あさとほ」という物語を調べていたらしい。先生の行方と未詳の物語「あさとほ」を追う夏日は、十数年ぶりに明人と再会し、共に調査を始めるが――。二人が「行方不明の物語」の正体に辿り着くとき、現実は大きくその姿を変える。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

横溝正史ミステリ&ホラー大賞、受賞後第一作!

「あさとほ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 横溝正史ミステリ&ホラー大賞大賞受賞後第一作ということで読みました。本書は、パラレルワールド双子幻想譚でした。受賞作「虚魚」よりも好みです。 しかし「あさとほ」が平安文学の幻の作品だとは思いませんでした 横溝正史ミステリ&ホラー大賞大賞受賞後第一作ということで読みました。本書は、パラレルワールド双子幻想譚でした。受賞作「虚魚」よりも好みです。 しかし「あさとほ」が平安文学の幻の作品だとは思いませんでした。 https://book.asahi.com/article/14713657 …続きを読む
    starbro
    2022年12月12日
    245人がナイス!しています
  • 夏日と青葉が双子の時間と、夏日だけと青葉だけの時間。この3つの並行世界を、ひとりの魂が不思議な布を媒介に次々と転生していく。夏日(たち)だけが同じ記憶を持ち、明人や藤枝をはじめ周囲の状況や過去は少しず 夏日と青葉が双子の時間と、夏日だけと青葉だけの時間。この3つの並行世界を、ひとりの魂が不思議な布を媒介に次々と転生していく。夏日(たち)だけが同じ記憶を持ち、明人や藤枝をはじめ周囲の状況や過去は少しずつ異なる物語を紡ぐ。この時の扉の役目を果たす布は謎の物語「あさとほ」と結びつき、古くからそれに気付いた者だけが信じ難い真実に辿り着く。知らずに接触すると狂気に陥ったり、逆に謎に取り憑かれ人生を棒に振ってしまう「あさとほ」と布の力に疲れた夏日は、最後は物語のない世界を選び自分が新たな物語を創ろうと決意するのだ。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2022年12月05日
    206人がナイス!しています
  • ーだって、そういうお話なんだもの。関わった人物が次々と消失する『あさとほ』とは何なのか?それは少女時代に突如消えた双子の妹にも起因するのか!ぐらぐら…いわゆる神隠しとか、怪しき古典書物など興味深いワー ーだって、そういうお話なんだもの。関わった人物が次々と消失する『あさとほ』とは何なのか?それは少女時代に突如消えた双子の妹にも起因するのか!ぐらぐら…いわゆる神隠しとか、怪しき古典書物など興味深いワードにすっかり引き込まれ…ゆらりゆらり…幻想とか物語とかハッキリしない解釈に何だかはぐらかされ…ふわふわ…「…頭が変になりそう」もう後半の怒濤と混乱で掻き回される展開を必死で追うばかり…わさわさ…落ち着かないまま目にする結末は極めて美しい…きらきら…何気ない想いが生み出す糸の紡ぎだす世界は間違いなく彩り鮮やか♬ …続きを読む
    nobby
    2022年10月03日
    149人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品