ヴラド・ドラクラ 5巻 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年11月15日
商品形態:
電子書籍

ヴラド・ドラクラ 5巻

  • 著者 大窪 晶与
発売日:
2021年11月15日
商品形態:
電子書籍

ヴラド対メフメト、ヨーロッパ史に残る死闘に決着がつく!

捨て身の焦土作戦を展開し、オスマン軍を弱体化することに成功したヴラド。
しかし、圧倒的戦力差を前に、徐々にワラキアは追い詰められていく。

そしてヴラドは、最後の奇襲をかけることを決意する。
自らオスマン兵に扮装し、単身オスマン陣に潜入。
ヴラドは無謀とも言える作戦を成功させて、瀕死のワラキアを勝利に導けるのか。

“トゥルゴヴィシュテの夜襲”として歴史に残る奇襲作戦を描く第五巻。
ヴラドとメフメト、両雄の意地と策略がぶつかり合う圧巻の戦闘シーンは必見!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ヴラド・ドラクラ 5巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ヴラド3世による『トゥルゴヴィシテの夜襲』。ワラキア側3千名の死傷者に対して、オスマン側1万5千の死傷者。数だけ見ればワラキア側の勝利に見えるが、メフメト2世の首を討ち取る事は出来なかったので、事実上 ヴラド3世による『トゥルゴヴィシテの夜襲』。ワラキア側3千名の死傷者に対して、オスマン側1万5千の死傷者。数だけ見ればワラキア側の勝利に見えるが、メフメト2世の首を討ち取る事は出来なかったので、事実上、ワラキア側の敗北。『焦土作戦』は民衆に多大な犠牲を強いる為、何度も繰り返せない。ワラキアが荒廃したところで、メフメト2世はラドゥ3世(ヴラドの弟)を送り込む。本巻まで名前すら紹介されなかったので、話を端折ってヴラド死亡を描くと思ってた。この先はヴラドに良い事が全くないので読んでて辛い展開になる。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2022年05月09日
    10人がナイス!しています
  • 祖国のために行動する兄と敵国の王の小姓となり愛玩される弟。萌えた。 祖国のために行動する兄と敵国の王の小姓となり愛玩される弟。萌えた。
    もだんたいむす
    2022年01月08日
    5人がナイス!しています
  • 信頼する部下を失いながらも国を守る戦いを続けるウラド。圧倒的な力の前には何もかもかなぐり捨てる必要があるとしての串刺しか…。弟はまたタイプの違う。こんなのイスラム教国は嫌いそうなのにな。 信頼する部下を失いながらも国を守る戦いを続けるウラド。圧倒的な力の前には何もかもかなぐり捨てる必要があるとしての串刺しか…。弟はまたタイプの違う。こんなのイスラム教国は嫌いそうなのにな。
    ミナ
    2021年12月18日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品