試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041116432

高家表裏譚4 謁見

  • 著者 上田 秀人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041116432

人気シリーズ最高潮! 矜持と血筋。明暗を分かつものとは?

江戸城の高家控えの間で端座していた吉良義冬は、四代将軍徳川家綱から突然の召喚を受けた。嫡子の吉良三郎義央の所在を家綱から直々に尋ねられた義冬は、その所在と、五摂家の近衛基煕を狙った者の存在を打ち明ける。一方、昇爵の返礼のため、京の近衛基煕を訪ねていた三郎は、朝廷で起こっている皇統の争いを父に知らせるべく、その手段を探していた。だが、三郎たちを監視する怪しい人物が現れ─
─。書き下ろし長篇時代小説。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「高家表裏譚4 謁見」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ4作目、領地を見に行くと言う名目で京に来た上野介ですが後水尾法皇との謁見までが用意されているとは..これにはちょっとした驚きでしたが、全体にこのシリーズは面白みに欠ける気がします。実在の人物が シリーズ4作目、領地を見に行くと言う名目で京に来た上野介ですが後水尾法皇との謁見までが用意されているとは..これにはちょっとした驚きでしたが、全体にこのシリーズは面白みに欠ける気がします。実在の人物が主人公だから無茶苦茶は書けないし、「禁裏付雅帳」で調べたことをベースにそのまま書き上げてしまっているような印象を受けてしまう部分もありちょっと残念 …続きを読む
    clearfield
    2021年09月23日
    7人がナイス!しています
  • 何となく知っている吉良上野介像を無視して読むと意外と?面白くなってきた。この先三郎はどのような成長をするのかが楽しみ。まぁ最後はあれだけど(^^;) 何となく知っている吉良上野介像を無視して読むと意外と?面白くなってきた。この先三郎はどのような成長をするのかが楽しみ。まぁ最後はあれだけど(^^;)
    もとさん
    2021年10月07日
    0人がナイス!しています
  • 2022011003 680+ 言うことなし、次いこう‼️ 2022011003 680+ 言うことなし、次いこう‼️
    Masayoshi Arakawa
    2021年10月03日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品