試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041116371

怪奇小説集 蜘蛛

  • 著者 遠藤 周作
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041116371

怖がりで有名だった著者が厳選した恐怖譚。幻の名作が新装版で登場!

深夜胸をしめつけられるような息苦しさに襲われたルーアンのホテル、真夜中の階段を登っていく何者かの足音が聞こえるリヨンの学生寮、三浦朱門とともにうなだれた人影を見てしまった熱海の旅館――3つの怪現象をつづる「三つの幽霊」。6月の雨の中、夜道を疾走するタクシーで、どこか違和感のある運転手が突然話し始めた奇妙な話とラストに震撼する「蜘蛛」、夫に殺される予知夢におびえる女性を襲う、ある恐ろしい出来事を描く「霧の中の声」など。「人一番怖がりだった」ことで有名な著者が贈る、世にも不思議な、背筋が凍り付く15話の恐怖譚。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「怪奇小説集 蜘蛛」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「共犯者」の方を先に読んでしまったが、こちらの方が怪奇具合が強い印象。飽きさせない配列で短編が並ぶ。それは、遠藤周作自身の体験談から入る。リヨンの話は「共犯者」にもあったが、熱海の話はかなりゾクゾクで 「共犯者」の方を先に読んでしまったが、こちらの方が怪奇具合が強い印象。飽きさせない配列で短編が並ぶ。それは、遠藤周作自身の体験談から入る。リヨンの話は「共犯者」にもあったが、熱海の話はかなりゾクゾクできた。そこにユーモアを挟んでいくのも、流石。それ以外の作品も怪奇ものとしても、社会派小説としても読める良作揃い。偽作家ネタが二編あって、人気作家の心の叫びではないかと感じた。あとは帰還兵ネタもよい。時代を感じるとともに、日本人としては忘れてはならない話だと思った。マイベストは、「鉛色の朝」。 …続きを読む
    活字の旅遊人
    2021年11月04日
    43人がナイス!しています
  • 恐いと言ってもいろいろ。科学で説明つかないもの。危害を加える生き物。人の業の恐ろしさも。この本にはそのいろんな怖さがある。中にはだまされたーって笑っちゃう話もあって、まあ書いてるのが狐狸庵先生だもんね 恐いと言ってもいろいろ。科学で説明つかないもの。危害を加える生き物。人の業の恐ろしさも。この本にはそのいろんな怖さがある。中にはだまされたーって笑っちゃう話もあって、まあ書いてるのが狐狸庵先生だもんね。どんなにルポ風に書かれていても、化かされないよう眉唾で読まなくちゃ。 …続きを読む
    かんらんしゃ🎡
    2021年11月18日
    41人がナイス!しています
  • まだ寒い時期の夜中に読み始めた時にはヒェ〜(ノдヽ)と思ってなかなか先に進めなかったのに、初夏のような陽気になり一気に読んでしまったら、なんであんなに怖いと思っていたのか! 怪奇というにはマイルドじゃ まだ寒い時期の夜中に読み始めた時にはヒェ〜(ノдヽ)と思ってなかなか先に進めなかったのに、初夏のような陽気になり一気に読んでしまったら、なんであんなに怖いと思っていたのか! 怪奇というにはマイルドじゃないか?と思うほど印象が変わった(-o-;) 読んだことがあるような気がする話があったのは似たパターンの話があちこちにあるからだろうか? 最後の「ニセ学生」はちょっとせつなかった。 …続きを読む
    オスカー
    2022年04月12日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品