試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041124468

怪奇小説集 恐怖の窓

  • 著者 遠藤 周作
  • 編者 日下 三蔵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041124468

この世は、奇妙なできごとで満ちている――遠藤周作の怪奇譚集!

ホラー&ミステリ風味の作品を集めたオリジナル・アンソロジー!

登山客が突然消えるというモンブランの“悪魔の地点(ポワン・ド・サタン)”で観光客が恐ろしいものを目撃する「爪のない男」。日々の仕事に忙殺される雑誌記者が、死刑囚の手記の意外な内容に心ざわめかせる「尺八の音」。ガラパゴス諸島で採取した化石が不気味な騒動を巻き起こす「枯れた枝」など小説のほか、人一倍怖がりな著者の幽霊屋敷探険や、サド侯爵をめぐるエッセイを収録。ミステリとホラー風味ある作品を集めたオリジナルアンソロジー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

PART1
恐怖の窓 
詐欺師 
姉の秘密 
爪のない男 
悪魔 
気の弱い男 
俺とソックリな男が…… 
尺八の音 
何でもない話 
競馬場の女 
枯れた枝 

PART2
シャロック・ホルムスの時代は去った 
サド侯爵の犯罪 
幽霊見参記 
幽霊屋敷探険
『蜘蛛――周作恐怖譚』あとがき 

編者解説 

メディアミックス情報

NEWS

「怪奇小説集 恐怖の窓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーだけでなく、ミステリ・サスペンス・奇妙な話等に分類される15話の短編集。遠藤先生のファンだったら知っている講談社文庫の「怪奇小説集」「第二怪奇小説集」から漏れている作品を集めて編集されたファン待 ホラーだけでなく、ミステリ・サスペンス・奇妙な話等に分類される15話の短編集。遠藤先生のファンだったら知っている講談社文庫の「怪奇小説集」「第二怪奇小説集」から漏れている作品を集めて編集されたファン待望の作品です。怪談だけではないので、幅広い読者層が楽しめる反面、怪談集と思って読んだ方には拍子抜けとなる可能性がありますので、注意してください。個人的には、無類の怪談好きを公言している遠藤先生の体験談が綴られた4つの話が面白かったです。有名な熱海の旅館での体験談は何度読んでも不思議な話です。 …続きを読む
    キック
    2022年05月13日
    62人がナイス!しています
  • 怪奇小説なので、単にゴーストの話だけではなく、気味の悪い話もある。 母親殺しをしたにも関わらず、罪に問われずに平然と一般市民に混じって社会生活を続ける男が出てくる話が、ぞわぞわした。 怪奇小説なので、単にゴーストの話だけではなく、気味の悪い話もある。 母親殺しをしたにも関わらず、罪に問われずに平然と一般市民に混じって社会生活を続ける男が出てくる話が、ぞわぞわした。
    Janjelijohn
    2022年05月05日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品