試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116388

怪奇小説集 共犯者

  • 著者 遠藤 周作
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116388

人間の深層心理の陰影を描く、驚きに満ちたミステリー集!

霧深い冬のリヨンで実際に起きた、不可解な殺人事件をもとに綴る「ジャニーヌ殺害事件」。夫の死を無意識に願う妻の内面に、じわじわ恐怖を誘われる「共犯者」。屈折した女の復讐心を精緻に描く「偽作」。骨董品蒐集に取り憑かれた人間の狂気を皮肉な筆致で描く「憑かれた人」など、9篇。著者ならではの鋭い観察眼で、人間の深層心理の陰影を描く秀逸なミステリー集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「怪奇小説集 共犯者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 令和三年八月に新しく編集された短編集。没後二十五年、さすがの人気。帯には、「もうひとりの遠藤周作」とあるが、リヨン留学、長崎取材やキリシタン探求、寂しそうな外人、インドと生命など、遠藤周作の作品そのも 令和三年八月に新しく編集された短編集。没後二十五年、さすがの人気。帯には、「もうひとりの遠藤周作」とあるが、リヨン留学、長崎取材やキリシタン探求、寂しそうな外人、インドと生命など、遠藤周作の作品そのものというネタでありストーリーだと僕は思った。それらが絡まない「共犯者」「幻の女」「偽作」の三つも読んでいてワクワクとハラハラが交錯する楽しさを味わえた。最後の「娘はどこに」は、昨今のテレビ番組とその影響を考えるのにはもってこいの内容。息子さんが某民放の社長な訳で、なかなか強烈な皮肉的メッセージだと思った。 …続きを読む
    活字の旅遊人
    2021年10月30日
    44人がナイス!しています
  • 今まで読んできた遠藤周作のイメージとは違うタイトルと表紙が気になり購入。ああ、昔は個人情報の保護など全く関係なく他人にもベラベラ話していたよねぇ(笑) 共犯者っていろんな意味があって、読むと単純にこの 今まで読んできた遠藤周作のイメージとは違うタイトルと表紙が気になり購入。ああ、昔は個人情報の保護など全く関係なく他人にもベラベラ話していたよねぇ(笑) 共犯者っていろんな意味があって、読むと単純にこの人とこの人が…とはならず、この人の言っていることは果たして真実だったのか?と思ったり。どの話も面白く、読みやすかった。怪奇と言えば怪奇なのかな? 単純に怖い!というのとは違う。特に「憑かれた人」は程度の差はあれ、こういう人は絶対いるな(笑)と思った。 …続きを読む
    オスカー
    2022年01月09日
    24人がナイス!しています
  • 講談社文庫から1977年に『第二怪奇小説集』として刊行されたものの改題版とのこと。<蜘蛛>に続いて、怪奇とは何者の名か…みたいな気分に。まぁ確かに怖いと言えば怖い。「ジャニーヌ殺害事件」もはや持ちネタ 講談社文庫から1977年に『第二怪奇小説集』として刊行されたものの改題版とのこと。<蜘蛛>に続いて、怪奇とは何者の名か…みたいな気分に。まぁ確かに怖いと言えば怖い。「ジャニーヌ殺害事件」もはや持ちネタの域「共犯者」<蜘蛛>に同ネタがあったような…「幻の女」妄想はほどほどに…「傑作」どうかと思うよ!怖いわ!(泣)「憑かれた人」成功体験は時に仇「蟻の穴」人としてどうかと「人食い虎」不愉快な人の見本市かな?「口笛を吹く男」\クワイ河マーチ\を知らないから味わいきれず「娘はどこに」握ってる情報の差が勝敗を分けた感 …続きを読む
    ふぃすか
    2021年12月31日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品