試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116388

怪奇小説集 共犯者

  • 著者 遠藤 周作
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116388

人間の深層心理の陰影を描く、驚きに満ちたミステリー集!

霧深い冬のリヨンで実際に起きた、不可解な殺人事件をもとに綴る「ジャニーヌ殺害事件」。夫の死を無意識に願う妻の内面に、じわじわ恐怖を誘われる「共犯者」。屈折した女の復讐心を精緻に描く「偽作」。骨董品蒐集に取り憑かれた人間の狂気を皮肉な筆致で描く「憑かれた人」など、9篇。著者ならではの鋭い観察眼で、人間の深層心理の陰影を描く秀逸なミステリー集。

メディアミックス情報

NEWS

「怪奇小説集 共犯者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪奇といってもホラーではなく、遠藤周作らしい人間の内側を書いた短編集。「ジャニーヌ殺人事件」切ない。遠藤先生が体験した?と思わせるようなお話。「幻の女」すっかり騙された!ヽ(´ー`)ノ 怪奇といってもホラーではなく、遠藤周作らしい人間の内側を書いた短編集。「ジャニーヌ殺人事件」切ない。遠藤先生が体験した?と思わせるようなお話。「幻の女」すっかり騙された!ヽ(´ー`)ノ
    ちびあんすも
    2021年08月26日
    14人がナイス!しています
  • 元となった70年の講談社本刊行時から「怪奇小説集」と題されているが、もとより幻想味はまるでなくミステリーですらない。やや暗い影を帯びたショートストーリーといった風味。通俗小説といえばそうだが、さすがに 元となった70年の講談社本刊行時から「怪奇小説集」と題されているが、もとより幻想味はまるでなくミステリーですらない。やや暗い影を帯びたショートストーリーといった風味。通俗小説といえばそうだが、さすがに表現は抑制されていて読んでいて嫌な感じはしない。そのせいで殺伐とした内容でも読み進むことはできる。 …続きを読む
    まどの一哉
    2021年09月22日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品