試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041116029

葦の浮船 新装版

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041116029

巨匠・松本清張が描く、大学教員たちの濃密な愛憎劇!

小関と折戸は同じ大学に勤める助教授同士。業績もなく風采の上らない小関に対し、折戸は秀才型で女性からも人気。
性格は対照的だが不思議とウマが合った。折戸は妻子ある身で通信教育で教える人妻と不倫関係に陥る。
やがて、出世に目がくらんだ折戸は、相手を面倒に思うようになるが……。
大学内の派閥争いを軸に男女の愛憎を描いた、松本清張の傑作長編。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「葦の浮船 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山崎豊子さんの「白い巨塔」を思い出した。財前と里見の間柄を思わせる折戸と小関。折戸の不倫相手との精算に担ぎ出される小関。身勝手な折戸と、それを分かっていながら折戸の学問の才能の前に負け犬となってしまう 山崎豊子さんの「白い巨塔」を思い出した。財前と里見の間柄を思わせる折戸と小関。折戸の不倫相手との精算に担ぎ出される小関。身勝手な折戸と、それを分かっていながら折戸の学問の才能の前に負け犬となってしまう小関は彼の言いなりに行動する。最後はやるせない結末でモヤモヤする。男女の愛憎と大学内の権力争い。時代設定は古いが今でも恐らく似たようなことが行われているのだろう。★3 …続きを読む
    りんだりん
    2021年06月29日
    14人がナイス!しています
  • ☆☆ 東京の大学の国史科に所属する2人の助教授、折戸二郎と小関久雄、折戸は秀才で業績もある。鈍才と自認する小関は折戸の学才を尊敬している。折戸は高慢で自尊心が強く女にも手が早く品格に欠ける。風采が上が ☆☆ 東京の大学の国史科に所属する2人の助教授、折戸二郎と小関久雄、折戸は秀才で業績もある。鈍才と自認する小関は折戸の学才を尊敬している。折戸は高慢で自尊心が強く女にも手が早く品格に欠ける。風采が上がらず女にも奥手の小関を見下している風がある。にもかかわらず、小関の折戸に対する友情は厚く、理不尽な頼みにも応じる。その2人の関係が理解しがたい。この小説は殺人があるわけでもなく、また謎と言えるものもないのでミステリー性はない。しかし、社会派の松本清張ならではの作品である。 …続きを読む
    鉄人28号
    2021年06月25日
    13人がナイス!しています
  • 著者の小説はこれまで読んだ記憶がなく、たまたま書店で見かけて手に取った一冊なのですが、展開が予想と異なり(ハッピーエンドではないですが)面白かったです。両極端な2人ほどじゃないけど似たような人はいるよ 著者の小説はこれまで読んだ記憶がなく、たまたま書店で見かけて手に取った一冊なのですが、展開が予想と異なり(ハッピーエンドではないですが)面白かったです。両極端な2人ほどじゃないけど似たような人はいるよなと、リアリティが感じられるところが上手いのかな・・電話の描写なんかは時代を感じますが、ストーリーは古くないなと思いました。不条理なんだけど、それだけじゃないと考えさせられるような・・読後にいろいろな思いが巡る作品は、私の中では名作ですね。 …続きを読む
    dice-kn
    2021年12月19日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品