徳川家康 新装版

徳川家康 新装版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041123362
label

徳川家康 新装版

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041123362

巨匠・松本清張が描く、徳川家康伝の決定版!

天文11年、三河国岡崎。周囲を強敵に囲まれた小さな大名家に、ひとりの男の子が誕生した。竹千代と名付けられた少年は、家を守るために幼い頃から人質生活を余儀なくされる。元服を機に故郷への帰還を果たした竹千代だったが、すぐに強敵・織田信長との決戦に巻き込まれて……。天下を併呑し、歴史にその名を刻んだ傑物・徳川家康の波乱と超克に満ちた、獅子のごとき生涯。大作家・松本清張が描く、最も分かりやすい家康伝。 天文11年、三河国岡崎。周囲を強敵に囲まれた小さな大名家に、ひとりの男の子が誕生した。竹千代と名付けられた少年は、家を守るために幼い頃から人質生活を余儀なくされる。元服を機に故郷への帰還を果たした竹千代だったが、すぐに強敵・織田信長との決戦に巻き込まれて……。天下を併呑し、歴史にその名を刻んだ傑物・徳川家康の波乱と超克に満ちた、獅子のごとき生涯。大作家・松本清張が描く、最も分かりやすい家康伝。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

戦国の子
成 人
武田信玄
信長の死
和 平
江戸と京
雨と霧と旗
江戸つくり
秀頼母子
風 雲
学 問
その死 
解説 小和田哲男

「徳川家康 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張が小学生・中学生向けに家康の伝記としてまとめたもの。エピソードも難しくなく馴染みやすい。子ども時代から天下を取るまでの道筋を読むうちにすっかり家康のファンになり、今度増上寺に行ったら御守りを買 松本清張が小学生・中学生向けに家康の伝記としてまとめたもの。エピソードも難しくなく馴染みやすい。子ども時代から天下を取るまでの道筋を読むうちにすっかり家康のファンになり、今度増上寺に行ったら御守りを買おうかしらとか、次の旅行は日光東照宮に行こうなどと夫に話し、縁の地をあらためて訪れたくなったり、つい喋りたくなる読書だった。勝運御守は読了の数日後に買いに行きました。家康、70歳の時に恐ろしい敵に出会う。それは「死」。今まで慌てず、騒がず、悠々としていた家康が焦りだす。ラストの偉人とはの一文もいい。 …続きを読む
    レモングラス
    2023年02月25日
    100人がナイス!しています
  • 厚みのない本なので、徳川家康についてサラッと学ぶにはちょうどいい作品かもしれない。もっと掘り下げた歴史物語を求めていたら、物足りなさも感じるかもしれない。将軍職をたったの数年しか務めていなくても家康公 厚みのない本なので、徳川家康についてサラッと学ぶにはちょうどいい作品かもしれない。もっと掘り下げた歴史物語を求めていたら、物足りなさも感じるかもしれない。将軍職をたったの数年しか務めていなくても家康公の業績はあれもこれもと数多いのだ。辛抱強く育った生い立ちなので、何をするにも地道に辛抱強く、そして計略的に成り上がった人物だ。トップに立たなくとも辛抱強い生き方は真似したい。 …続きを読む
    どぶねずみ
    2023年01月26日
    37人がナイス!しています
  • 1964年(昭和39年)定価260円。旧版を読む。かれこれ60年前に出された本だが、差し支えない。★今年の大河は家康公が主人公なので。大河ドラマが始まってから、同僚に築山殿の運命は?と聞かれ、殺害されると返答する 1964年(昭和39年)定価260円。旧版を読む。かれこれ60年前に出された本だが、差し支えない。★今年の大河は家康公が主人公なので。大河ドラマが始まってから、同僚に築山殿の運命は?と聞かれ、殺害されると返答するも、その理由がはっきり答えられなかったのもある。築山殿の死因は現在もはっきりせず、本作では武田内通説をとる。いずれにせよ、正妻と嫡男に手をかけざるをえなかった家康公の苦衷が偲ばれる。★三英傑の話は耳にたこができるくらい聞かされているので、今までのおさらいとして読んだ。 …続きを読む
    なにょう
    2023年05月21日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品