試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041116036

美しき闘争 上 新装版

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041116036

欲望渦巻く文壇で闘う女性を描いた、巨匠・松本清張による傑作ロマン長編!

井沢恵子は姑との不和が原因で夫と離婚した。ひとりで生きていくため、文芸評論家・大村の紹介で『週刊婦人界』の記者の職に就くが、それをきっかけに大村は恵子にしつこく迫るようになり……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「美しき闘争 上 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ものすごく久しぶりの松本清張。感想は下巻にて。 ものすごく久しぶりの松本清張。感想は下巻にて。
    佐島楓
    2021年12月03日
    36人がナイス!しています
  • 昭和の時代、女が一人で生きていくことがこれほどまでに大変だったとは。現在これが書かれていたら「さすがにご冗談でしょう?(苦笑)」となるレベルで働く女が男女関係を強いられてる・・・でも実際こうだったんだ 昭和の時代、女が一人で生きていくことがこれほどまでに大変だったとは。現在これが書かれていたら「さすがにご冗談でしょう?(苦笑)」となるレベルで働く女が男女関係を強いられてる・・・でも実際こうだったんだろうな(白目)。女性の側の感覚も「なぜそこで自分を恥じる?」とつっこみたくなる箇所多数。まだ遅れているところはあるにせよ、社会の価値観が変わった今の時代の日本に生きている自分の境遇を本当にありがたく思った。松本清張よ、注目ポイントがずれててごめん。恵子(主人公)がんばれ!と全力応援しつつ下巻へ。 …続きを読む
    いづむ
    2022年03月16日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品