十三歳の誕生日、皇后になりました。5

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047366947

十三歳の誕生日、皇后になりました。5

  • 著者 石田 リンネ
  • イラスト Izumi
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047366947

――見ろよ!これがおれの皇后だ! 夜毎に夫婦の絆が深まる恋愛物語第5弾

後宮のお手紙箱に、新たな『謎』が投函された。
真相を探るべく河川の街を訪れた莉杏は、異国の青年が“生贄”にされかけていたところを助ける。
実はその青年は、叉羅国のヴァルマ家当主ラーナシュだった! 
莉杏はラーナシュと交流を図りながら、生贄騒動の真実、そして自ら見つけた新しい問題『民が安心を得るための方法』に暁月と共に向き合うが!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「十三歳の誕生日、皇后になりました。5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 後宮に設置してあるお手紙箱を女官たちに限らず使用してほしいと考えていた莉杏。そんな中、治水が間に合わないまま、雨が降り、己の故郷の河に生贄の儀式があり、妹が心配だという手紙が届く。そこから莉杏は、本当 後宮に設置してあるお手紙箱を女官たちに限らず使用してほしいと考えていた莉杏。そんな中、治水が間に合わないまま、雨が降り、己の故郷の河に生贄の儀式があり、妹が心配だという手紙が届く。そこから莉杏は、本当に生贄の儀式があるのか視察へ向かった。その先で出会った叉羅国の祭司、「あの」ラナーシュと出会う。 →莉杏がすでに十三歳にして、暁月と同じ目線に立ち始めてるのが本当もう……っ!それは惚れるよね、嫁自慢しちゃうよね!!という暁月の恋心も成長した巻で、ニヤニヤが止まらなかった。茉莉花とは別視点で読めるのも良い。 …続きを読む
    かなで
    2021年07月19日
    21人がナイス!しています
  • 連日続く雨と嵐の予感に大河と運河の氾濫を警戒する中、皇后莉杏の元には後宮の女官から手紙箱へ故郷の妹が生贄にされないか心配だという含みのある投書が届く。視察として調べに行った際に隣国の有力司祭であるラー 連日続く雨と嵐の予感に大河と運河の氾濫を警戒する中、皇后莉杏の元には後宮の女官から手紙箱へ故郷の妹が生贄にされないか心配だという含みのある投書が届く。視察として調べに行った際に隣国の有力司祭であるラーナシュをなし崩し的に拾ったり、莉杏が自分にできることを考えながらもう二度と人が生贄にされないように知恵を絞り解決策を模索し、それが思わぬ結果を引き起こすまで。今年度もベストヒロイン大賞は私の中では莉杏ちゃんになりそうなくらいひたすらに真っ直ぐで可愛くて、とにかく前に進むことをやめない彼女が魅力的すぎる!→ …続きを読む
    S
    2021年07月18日
    18人がナイス!しています
  • 莉安の聡明さが一段と輝きを増してきた。生贄の風習をやめさせようと考えた結果が、女子の学習意欲向上や職を失った元後宮勤めの生活助成まで、とても大きな成果をもたらすまでに至り、それがゆくゆくは国の再建の一 莉安の聡明さが一段と輝きを増してきた。生贄の風習をやめさせようと考えた結果が、女子の学習意欲向上や職を失った元後宮勤めの生活助成まで、とても大きな成果をもたらすまでに至り、それがゆくゆくは国の再建の一助となるのだと思うと、なんという賢皇后ぶりだろう。13歳という年齢をいかしたあざとさも持っていて、暁月もそりゃデレデレになるってものだろう。白楼国を訪れる前のラーナシュ達ご一行のあれこれも知れて、ついでに茉莉花の又羅国篇も読み返したくなった。暁月の嫁自慢、是非珀陽の前でやってもらいたいなぁ。 …続きを読む
    ruruco
    2021年07月19日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品