悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした 2

悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした 2 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月21日
商品形態:
電子書籍

悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした 2

  • 著者 小出 よしと
発売日:
2021年07月21日
商品形態:
電子書籍

転生先は、ギロチンで処刑される運命でした。

マリー・アントワネットに転生したアラサー喪女。処刑される運命を変えるために孤軍奮闘するが、周りは一癖も二癖もある傑物ばかりで――!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻で???だったルイ君、実はかっこいいし賢いし可愛い!落馬しそうだったマリーを助けた時のルイ君に思わずときめいたわ!ホントにオルレアン公とかの邪魔が入らなければいい夫婦になっていたかもしれないのに. 前巻で???だったルイ君、実はかっこいいし賢いし可愛い!落馬しそうだったマリーを助けた時のルイ君に思わずときめいたわ!ホントにオルレアン公とかの邪魔が入らなければいい夫婦になっていたかもしれないのに...。ううう。でもマリーがルイ君を死なせないと決意して勉強に励んでいるのは偉い。何とか断頭台回避できないかなあ。お気楽なマンガと思って読み始めたら結構本格的な話になってきてビビっています(←褒めてます)。カバー下のイラスト(おまけイラスト?)、照れているルイ君が可愛い。 …続きを読む
    ラナンキュラス
    2022年01月25日
    40人がナイス!しています
  • 無邪気にマリーを慕うランバル公妃が可愛くて癒される。ルイ君は本当は賢くて誠実ないいこでちょっと良い雰囲気になったものの上手くいかず。マリーが自分一人ではなくルイ君も一緒に助からねばと思うに至ったのが良 無邪気にマリーを慕うランバル公妃が可愛くて癒される。ルイ君は本当は賢くて誠実ないいこでちょっと良い雰囲気になったものの上手くいかず。マリーが自分一人ではなくルイ君も一緒に助からねばと思うに至ったのが良かったです。宮廷は色んな人の野心でうずまいていて本当に怖い。 …続きを読む
    ゆり
    2021年08月31日
    7人がナイス!しています
  • うーん、主人公の知識等が乏しいので、未来回避に本当に苦労している。なろう系なら様々な知識があるので、未来回避が容易なのだけど。そのために主人公は政治学等の勉強を改めてする羽目になっています。また、ちょ うーん、主人公の知識等が乏しいので、未来回避に本当に苦労している。なろう系なら様々な知識があるので、未来回避が容易なのだけど。そのために主人公は政治学等の勉強を改めてする羽目になっています。また、ちょっとルイ16世が気弱過ぎな気が。史実と異なり、主人公が真の夫婦になろう、と様々に努力しているのだから、フランス王太子として、さっさとそれに応じるのが夫としての当然の務めでは。それができないのなら、速やかな離婚が筋の気がします。そして、最後でルイ15世が崩御され、次巻から主人公は王妃に。さて、今後はどうなるか …続きを読む
    山家
    2021年08月07日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品