三十六歌仙 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044006631

三十六歌仙 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

  • 編 吉海 直人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044006631

歌仙絵とともに、 「神々」の歌を味わう。

柿本人麿・紀貫之・在原業平・小野小町ら、「歌の神」として崇拝されてきた藤原公任撰『三十六人撰』の歌人たち。その代表歌の鑑賞はもちろん、人物像と時代背景、不思議な成り立ちや歌の組み合わせ、「百人一首」との違い、和歌と歌仙絵の関係など、知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説する、初の入門書。歌仙を描いた絵巻の最高峰とされる名品、秋田藩伝来の「佐竹本三十六歌仙」に描かれた肖像とともに、読み解く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに

「歌仙絵」と和歌の関係

三十六歌仙解説
1 柿本人麿
2 紀貫之
3 凡河内躬恒
4 伊勢
5 大伴家持
6 山辺赤人
7 在原業平
8 僧正遍昭
9 素性法師
10 紀友則
11 猿丸大夫
12 小野小町
13 藤原兼輔
14 藤原朝忠
15 藤原敦忠
16 藤原高光
17 源公忠
18 壬生忠岑
19 斎宮女御
20 大中臣頼基
21 藤原敏行
22 源重之
23 源宗于朝臣
24 藤原信明
25 藤原清正
26 源順
27 藤原興風
28 清原元輔
29 坂上是則
30 藤原元真
31 小大君
32 藤原仲文
33 大中臣能宣
34 壬生忠見
35 平兼盛
36 中務

三十六歌仙解題
一、公任『三十六人撰』成立前史
二、公任の『三十六人撰』成立
三、「歌仙」の誕生
四、『俊成三十六人歌合』の存在
五、六条家と御子左家(みこひだりけ)の対立
六、「佐竹本三十六歌仙」について
七、藤原信実(ふじわらののぶざね)と藤原為家(ふじわらのためいえ)
八、鎌倉時代成立の「三十六歌仙絵」(佐竹本以外)
九、『三十六人撰』の一首歌仙本
十、「三十六歌仙」の諸本分類
十一、「三十六歌仙」と「百人一首」の違い
十二、近衛家(このえけ)と「三十六歌仙」
十三、佐竹本を修復した狩野探幽(かのうたんゆう)
十四、江戸時代の「三十六歌仙」
十五、明治以降に文学史から消された「三十六歌仙」

あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「三十六歌仙 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 和歌だけでなく歌仙絵の解説があり、今まで注目したことがなかっただけに新鮮だった。といっても歌仙絵に対する評は極めて辛辣。先人の評を引きつつ、合理性に欠ける、とばかり片っ端から切って捨てるのにはちょっと 和歌だけでなく歌仙絵の解説があり、今まで注目したことがなかっただけに新鮮だった。といっても歌仙絵に対する評は極めて辛辣。先人の評を引きつつ、合理性に欠ける、とばかり片っ端から切って捨てるのにはちょっとびっくり。和歌の方は、源順がどの歌も素晴らしい。梨壺の五人、後撰集編纂者、なのに百人一首に採られなかったハンデは現代では大きい。 …続きを読む
    ふう
    2022年03月21日
    13人がナイス!しています
  • 読了:◎ 「三十六歌仙」の歌人たちの代表歌と「佐竹本三十六歌仙」の歌仙絵を収め、三十六歌仙とはなんぞやと解題する。「百人一首」とも歌人が共通しているため、それと比較してあるのに興味をひかれた。百人一首 読了:◎ 「三十六歌仙」の歌人たちの代表歌と「佐竹本三十六歌仙」の歌仙絵を収め、三十六歌仙とはなんぞやと解題する。「百人一首」とも歌人が共通しているため、それと比較してあるのに興味をひかれた。百人一首は競技やかるた遊びとして今に残るが、三十六歌仙はそうでない。歴史の影で、存在が薄くなりつつあったものに、あらためて日の目を当てる。まだ謎ある三十六歌仙のさわりを知るのには最適な一冊だと思う。和歌に関心のある人にとってのさわりにも良いかなと思った。 …続きを読む
    ハルト
    2021年12月21日
    10人がナイス!しています
  • 三十六歌仙の本は、ありそうでなかったので購入。その母体は、三舟の才で知られる藤原公任の『三十六人撰』にある。歌が固定された百人一首(一流でない歌人も含む)に対し、三十六歌仙は一歌人に複数の歌を選ぶ。歌 三十六歌仙の本は、ありそうでなかったので購入。その母体は、三舟の才で知られる藤原公任の『三十六人撰』にある。歌が固定された百人一首(一流でない歌人も含む)に対し、三十六歌仙は一歌人に複数の歌を選ぶ。歌の鑑賞のみならず歌人の逸話も豊富だが、柿本人麿や猿丸太夫は今もなお謎めいている(実在したのだろうか?)。子供の頃、NHKの「絵巻切断」を観た記憶があるので、佐竹本三十六歌仙に興味があり、番組の後日談を読めたのは嬉しい。ただ、歌仙絵のポーズと歌意はほとんど関係なさそうで、身分と衣装が不相応な歌人も多い。 …続きを読む
    不純文學交遊録
    2022年02月21日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品