試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044001865

百人一首の正体

  • 著者 吉海 直人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044001865

百人一首を読み解けば、定家晩年の野望が見え隠れする――。

あなたは、本当の百人一首を知っていますか?

誰もが一度は聞いたことがある「小倉百人一首」。しかし、実はこの作品には研究者たちから多くの「謎」が指摘されている。
定家が選出したということの真偽、いつから「百人一首」と呼ばれることになったのか、
どのような基準で百首の歌が選ばれ果たして選ばれた歌はすべて秀歌ばかりなのか?

研究者でもあり、稀代の百人一首コレクターでもある著者が、
百人一首の「なぜ」を読み解き、今まで知らなかった百人一首の姿を浮き彫りにする!

【目次】
序章   百人一首への招待
第一章 百人一首成立の謎
第二章 百人一首の流れ
第三章 百人一首の広がり
第四章 百人一首の撰歌意識を探る
第五章 百人一首の見どころ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「百人一首の正体」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 古典文学の中では、知名度抜群の百人一首。実は謎だらけだったとは衝撃的であった。藤原定家が自分の山荘を飾る目的で選んだ、というよく知られた話ですら、定家自身の日記と食い違っているし、本当にその歌はその作 古典文学の中では、知名度抜群の百人一首。実は謎だらけだったとは衝撃的であった。藤原定家が自分の山荘を飾る目的で選んだ、というよく知られた話ですら、定家自身の日記と食い違っているし、本当にその歌はその作者? とか。字句に至っては、万葉や古今などと異同が多すぎ。本当の研究はまだこれからなんだな。謎解き本というより、謎を提起している本だと思う。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2018年12月10日
    48人がナイス!しています
  • 百人一首の個々の歌の解説本はたくさんあるが、本書のように百人一首とはそもそも何なのかという観点で書かれた本は珍しいのではないだろうか。撰歌における定家の思いの忖度など極めて興味深く面白い1冊だった。 百人一首の個々の歌の解説本はたくさんあるが、本書のように百人一首とはそもそも何なのかという観点で書かれた本は珍しいのではないだろうか。撰歌における定家の思いの忖度など極めて興味深く面白い1冊だった。
    はちめ
    2017年05月14日
    5人がナイス!しています
  • 上級者向け。 個人的にとても運命を感じる気づきがあって、インプレッシブだった。 上級者向け。 個人的にとても運命を感じる気づきがあって、インプレッシブだった。
    Ai Nagai
    2016年12月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品