試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784049135985

神様の御用人10

  • 著者 浅葉 なつ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784049135985

神様にだって願いはある。神と人の絆の物語 、《黄金編》堂々完結!

 日本各地で地震が頻発するなか、突如姿を消した黄金。『大建て替え』の危機を前に、荒脛巾神と田村麻呂の悲しい過去や、黄金の深い後悔を知った良彦は、傷だらけの体で再び立ち上がる――神にもできないことがある。そして人間だからこそできることがあると『神様の御用人』の自分は誰よりも知っているから。
 神と人。それぞれが抱く、切なる願いの辿り着く先とは。そして良彦が最後に下す、未来への決断とは――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「神様の御用人10」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 御用人シリーズ第10弾。『神様にだって願いはある 神と人、それぞれの想いが辿り着く先とは―――。』神様と人の絆の物語大円団。日本各地で地震が頻発するなか、突如姿を消した黄金。『大建て替え』の危機を前に 御用人シリーズ第10弾。『神様にだって願いはある 神と人、それぞれの想いが辿り着く先とは―――。』神様と人の絆の物語大円団。日本各地で地震が頻発するなか、突如姿を消した黄金。『大建て替え』の危機を前に、荒脛巾神と田村麻呂の悲しい過去や、黄金の深い後悔を知った良彦は、傷だらけの体で再び立ち上がる。明らかにされいく蝦夷討伐を命じられた田村麻呂が抱える複雑な想いと阿弖流為との交流の末に、止めることが出来なかった悲しい結末。神様にだって、忘れられない過去や後悔があり、神様にだって出来ない事もある。 …続きを読む
    合縁奇縁
    2021年05月22日
    243人がナイス!しています
  • いよいよの完結巻。阿弖流為を死に至らしめたことを悔やむ田村麻呂、彼の死が受け入れられぬ荒脛巾神に取り込まれた黄金。様々な視点で語られるが、ひたすらに重苦しい雰囲気ですが、それでも真摯に神々と向き合う良 いよいよの完結巻。阿弖流為を死に至らしめたことを悔やむ田村麻呂、彼の死が受け入れられぬ荒脛巾神に取り込まれた黄金。様々な視点で語られるが、ひたすらに重苦しい雰囲気ですが、それでも真摯に神々と向き合う良彦の姿と、彼を支えようとする穂乃果が印象的です。やがて人の子は世代を重ねるが思いは引き継がれていくエンディングも優しい。西洋的な絶対神とは異なり、人の子と共にあろうとする八百万の神々とともに、人間との関わりを優しく描く楽しい物語だったが、もう終わりかと思うと名残惜しい。物語を紡いでくれた作者には感謝しかない。 …続きを読む
    ponpon
    2021年03月29日
    199人がナイス!しています
  • ★4~4.5.シリーズ完読。◆「人の神への愛」「神の人への愛」もひとつのテーマだろう◆清水寺に、アテルイとモレの石碑がある、と初めて知った(田村麻呂のも)◆黄金が良彦の「友神」、という言葉にもぐっとき ★4~4.5.シリーズ完読。◆「人の神への愛」「神の人への愛」もひとつのテーマだろう◆清水寺に、アテルイとモレの石碑がある、と初めて知った(田村麻呂のも)◆黄金が良彦の「友神」、という言葉にもぐっときた。シリーズ通しての2人のつながりが鍵となる◆最後に「語部」の言葉がある。1巻から語る、”鱗”のある語部が誰であるか、この最終巻でわかる。また冒頭だけでも読み返してみたい。◆良彦と黄金(穂乃果)にもっと全国を旅して、神々(スイーツ)を紹介してほしかったなあ。ひとまずお疲れ様! …続きを読む
    ちびbookworm
    2022年03月07日
    178人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品