試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048933278

神様の御用人7

  • 著者 浅葉 なつ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784048933278

神様にだって“秘密”はある!

 朝を迎えるごとに記憶を失ってしまう月読命。彼の御用は、こんな自分を支えてくれる実弟・須佐之男命への贈り物を探して欲しいというものだった。
 いつも通り行動を起こす良彦だったが、それはやがて予期せぬ方向へと一同を導くことになり……。
 一方、穂乃香はとある女子生徒と「月」をきっかけに距離を縮め、次第に彼女の心に寄り添っていく。
 記紀に伝えられることなく葬られた神々の秘密が今、月光に晒される――。

メディアミックス情報

NEWS

「神様の御用人7」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 御用人シリーズ第7弾。表紙の青い月が綺麗。今回は日本神話で最も有名な三貴子「天照大神」「月読命」「須佐之男命」の物語。中でも古事記や日本書記で記述が少ない月読命。月読命の御用から始まり、彼には「荒魂」 御用人シリーズ第7弾。表紙の青い月が綺麗。今回は日本神話で最も有名な三貴子「天照大神」「月読命」「須佐之男命」の物語。中でも古事記や日本書記で記述が少ない月読命。月読命の御用から始まり、彼には「荒魂」がなく「和魂」だけで顕在している。良彦は、失われた「荒魂」を探すことを決意する。失った「荒魂」探しがきっかけに、記紀に伝えられることなく葬り去れた三貴神の過去の真実が明かされていく。竹取物語異聞が絡んできて、兄弟愛と家族愛を織り交ぜて進む作者のアイデアがすごいなって思いました。 …続きを読む
    皐月
    2021年05月19日
    380人がナイス!しています
  • 須佐之男命と月読命の隠された神話にまつわる話。記紀にも殆んど記載がなく、大気都比売神に関わる記載が異なるぐらいの題材から、ここまでの物語を紡ぎだしたものだと思います。 印象に残るのは三貴子のお互いを思 須佐之男命と月読命の隠された神話にまつわる話。記紀にも殆んど記載がなく、大気都比売神に関わる記載が異なるぐらいの題材から、ここまでの物語を紡ぎだしたものだと思います。 印象に残るのは三貴子のお互いを思いやる心。荒ぶる神・須佐之男命が想いを吐露するシーンは心動かされました。 大国主神も悩みつつ、良彦を助ける優しいお姿は、まさに日本神話の神様。中盤の須勢理毘売とのシーンは感動的です。人間側でも良彦と穂乃香も大きく成長しているのは見逃せません。とても楽しい一冊でした。 次巻は黄金の話かな。期待してます。 …続きを読む
    ponpon
    2017年09月15日
    272人がナイス!しています
  • 日本の最高神天照大御神の弟であり、日本の海原を治める須佐之男命の兄である月読命の失われた荒魂を探す御用を承った良彦だが、月読命は一日毎に記憶が消えてしまう上、黄金も何故か良彦の前から消えてしまう。更に 日本の最高神天照大御神の弟であり、日本の海原を治める須佐之男命の兄である月読命の失われた荒魂を探す御用を承った良彦だが、月読命は一日毎に記憶が消えてしまう上、黄金も何故か良彦の前から消えてしまう。更に、一部の神々によって秘匿され続けてきた月読命の壮絶な過去を知る事になり…。姉や弟と異なり、日本書紀や古事記に記述がほとんど見られない謎多き神・月読命を巡る姉弟愛が素晴らしく、神々の心を救い続けてきた良彦の感情たっぷりの叫びが印象的。古来より月読命を祀り続けてきた由緒ある社は全国で伊勢の2社だけしかないとは驚き …続きを読む
    スズ
    2018年08月10日
    268人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品