ゴーストハント5 鮮血の迷宮

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041108819

ゴーストハント5 鮮血の迷宮

  • 著者 小野 不由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041108819

血の匂いがするーー。複雑怪奇な洋館に隠された恐るべき秘密とは。

増改築を繰り返した結果、迷宮のような構造を持つにいたった巨大な洋館。長年放置されていたその館の周辺で行方不明者が相次ぐ。突然現れたナルの師匠という女性。彼女が持ってきた依頼は、長野県の山中にある広大な屋敷の調査だった。だが調査隊はSPRだけではない。日本中から名だたる霊能者や心霊研究家も集められていたのだ。尋常でないのはそれだけではない。館の内部や外部の構造を調べるうち、麻衣たちは建物のあちこちに不審な空洞があることに気づいた――。そして、事件は起こった。館にいる人間が姿を消し始めたのだ。徐々に明かされていく血塗られた館の過去。ゴシック趣味溢れるシリーズ5作。SPR史上最凶最悪の怪物が潜んでいる!?【解説:千街晶之 ミステリ評論家】

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ゴーストハント5 鮮血の迷宮」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ5作目でMAX恐さに❗️大好物のアレでした🤩綾辻行人氏の館シリーズを彷彿される洋館で霊能者大集合、前半戦は千々と進まない調査徐々に明かされる館の秘密が😱麻依が一番の霊能者に生りつつあるのも シリーズ5作目でMAX恐さに❗️大好物のアレでした🤩綾辻行人氏の館シリーズを彷彿される洋館で霊能者大集合、前半戦は千々と進まない調査徐々に明かされる館の秘密が😱麻依が一番の霊能者に生りつつあるのも見所だね😆新たにナルの師匠の森まどか、ナルの素性を暴露しつつ麻依の置かれた現状もわかり何故学校を休めるのも理解した。長編の[屍鬼]に繋がるこの作品は…ヤバイなこれネタバレになってしまうなぁ~😏日本風なホラーではないですけどね。 …続きを読む
    カムイ
    2022年01月22日
    115人がナイス!しています
  • シリーズ最恐と言われているだけあって、今までのシリーズとは一線を画す怖さがありました。 今までのシリーズでは、ライトよりな作風の影響もあって、今一歩、ホラーとしての怖さに物足りなさを感じていました。 シリーズ最恐と言われているだけあって、今までのシリーズとは一線を画す怖さがありました。 今までのシリーズでは、ライトよりな作風の影響もあって、今一歩、ホラーとしての怖さに物足りなさを感じていました。 今作は、ホラーとしての怖さも十分で、館全体の不気味さ、一人、また一人と、失踪していく同業者達といったシチュエーションが見事です。 また、今まで同様の科学的な考察と、推理小説のような怪異の正体探しがマッチし、作品全体のレベルが一段上がった気がします。 いやぁホントに良かった! …続きを読む
    つっちー
    2021年05月03日
    100人がナイス!しています
  • この巻が一番好きだ。いわくのある閉ざされた屋敷で起こる怪異。古今東西いろいろな伝承がミックスされている。そして明かされる麻衣の事情。だからだろうか、チームというか、ファミリーっぽくなっていくのがまた良 この巻が一番好きだ。いわくのある閉ざされた屋敷で起こる怪異。古今東西いろいろな伝承がミックスされている。そして明かされる麻衣の事情。だからだろうか、チームというか、ファミリーっぽくなっていくのがまた良い。それにしても血生臭くて最強の化け物感がある今回のラスボス。幽霊や怨霊というよりもはや化物。麻衣の夢も怖かったが真砂子と同じ目に合ったら間違いなく半狂乱にな。それを乗り越えられる精神力と能力があるのもやはり彼女がプロだからなのだろう。 …続きを読む
    多津子
    2021年04月04日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品