試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099810

向日葵のある台所

  • 著者 秋川 滝美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099810

折り合いの悪い母との生活で垣間見えた、一筋の光とは――。

森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵と二人暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに――。不安が募る中、疎遠な状態だった母親との生活が始まる。唯一の救いは、自分の味方である葵が、祖母の扱いが上手なこと。しかし、目をそらしたい現実はすぐそこにあって……。肉親だからこそ許せなかった過去に、麻有子は決着をつけられるのか。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「向日葵のある台所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 学芸員でシングルマザーの麻有子さんと高校生の葵ちゃんの微笑ましい二人暮らし。後半に大嵐がやって来てトラウマが蘇るのだけれど、この嵐の中で見えたものは、真っ直ぐに課題にぶつかって解消した力強さを持って、 学芸員でシングルマザーの麻有子さんと高校生の葵ちゃんの微笑ましい二人暮らし。後半に大嵐がやって来てトラウマが蘇るのだけれど、この嵐の中で見えたものは、真っ直ぐに課題にぶつかって解消した力強さを持って、明日からの暮らしにつながっていくのだろう。回想で語られる過酷な日々は、相手からすると、また違った景色を持ち、それでもその頃の経験を反面教師に、幸せな暮らしが訪れる。「ありがとう」のあふれる家庭は温かいな。 …続きを読む
    ジュール リブレ
    2021年06月10日
    78人がナイス!しています
  • タイトルで購入しました。読んでみると思っていた内容とは違っていました。良い意味で裏切られました。心打たれる内容でした。 タイトルで購入しました。読んでみると思っていた内容とは違っていました。良い意味で裏切られました。心打たれる内容でした。
    ごいんきょ
    2021年03月20日
    21人がナイス!しています
  • 主人公の麻有子が娘の葵と二人暮し。倒れて入院していた折り合いの悪い母正恵と退院後一緒に住むことになる。葵が素直で思い遣りのあるとてもいい子なのが良かった。葵がいれば麻有子と正恵は上手くやっていけそうだ 主人公の麻有子が娘の葵と二人暮し。倒れて入院していた折り合いの悪い母正恵と退院後一緒に住むことになる。葵が素直で思い遣りのあるとてもいい子なのが良かった。葵がいれば麻有子と正恵は上手くやっていけそうだし、『ありがとう』という言葉と感謝の気持ちは大事だなと思った。それにしても美味しそうなものがたくさん出てきて食べたくなった。 …続きを読む
    Kana
    2020年12月29日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品