試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099810

向日葵のある台所

  • 著者 秋川 滝美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099810

折り合いの悪い母との生活で垣間見えた、一筋の光とは――。

森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵と二人暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに――。不安が募る中、疎遠な状態だった母親との生活が始まる。唯一の救いは、自分の味方である葵が、祖母の扱いが上手なこと。しかし、目をそらしたい現実はすぐそこにあって……。肉親だからこそ許せなかった過去に、麻有子は決着をつけられるのか。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「向日葵のある台所」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公の麻有子が娘の葵と二人暮し。倒れて入院していた折り合いの悪い母正恵と退院後一緒に住むことになる。葵が素直で思い遣りのあるとてもいい子なのが良かった。葵がいれば麻有子と正恵は上手くやっていけそうだ 主人公の麻有子が娘の葵と二人暮し。倒れて入院していた折り合いの悪い母正恵と退院後一緒に住むことになる。葵が素直で思い遣りのあるとてもいい子なのが良かった。葵がいれば麻有子と正恵は上手くやっていけそうだし、『ありがとう』という言葉と感謝の気持ちは大事だなと思った。それにしても美味しそうなものがたくさん出てきて食べたくなった。 …続きを読む
    Kana
    2020年12月29日
    18人がナイス!しています
  • 2018年8月kadokawaより単行本を角川文庫①森園麻有子(46)は私設美術館・安代美術館の学芸員。妊娠中に離婚、シングルマザー。娘・葵(中2)と築50年賃貸一戸建てに住む。実母・正恵との確執②2 2018年8月kadokawaより単行本を角川文庫①森園麻有子(46)は私設美術館・安代美術館の学芸員。妊娠中に離婚、シングルマザー。娘・葵(中2)と築50年賃貸一戸建てに住む。実母・正恵との確執②2世帯住宅に住む姉・鈴子から連絡。正恵が脳梗塞で入院、退院後、麻有子と同居希望(義兄と不仲、鈴子は正恵を利用し不要になると妹に押しつける)③正恵は脳梗塞の他に深刻な病④麻有子と葵の穏やかな生活に波立つ思い、正恵の棘のある言葉、正恵の言動に垣間見える狡さと弁解。麻有子は抱える恩讐にケリをつけられるのか。 …続きを読む
    ゆりのき
    2020年12月08日
    15人がナイス!しています
  • 森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵とふたり暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに―。不安が募る中、疎遠な 森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵とふたり暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに―。不安が募る中、疎遠な状態だった母親との生活が始まる。唯一の救いは、自分の味方である葵が、祖母の扱いが上手なこと。しかし、目をそらしたい現実はすぐそこにあって…。肉親だからこそ許せなかった過去に、麻有子は決着をつけられるのか。 …続きを読む
    まひはる
    2020年12月29日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品