秀吉と家臣団の城 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月16日
商品形態:
電子書籍

秀吉と家臣団の城

  • 著者 中井均
発売日:
2021年12月16日
商品形態:
電子書籍

戦国城郭の常識を覆したのは秀吉だった!第一人者が豊臣政権の築城に迫る。

山の上に土で造られた戦国の城は、信長・秀吉によって、石垣、瓦、礎石建物(天守)を備える城へと大きく変わった。秀吉は平地にも石垣を築き、堀や惣構を設ける。巨大な土木構造物は政権のシンボルとなり、近世城郭の祖型となった。織豊期城郭研究の第一線に立つ著者が、秀吉一門の居城や、対徳川を想定した拠点の城、合戦で築かれた陣城などを、遺構・遺物から分析し、築城から政策、そして戦術までをも明らかにする。

【目次】

第一章 秀吉の居城
 山崎城/大坂城/聚楽第と御土居/淀城/指月伏見城と木幡伏見城/京都新城/肥前名護屋城

第二章 一門の城
 秀次と八幡山城/秀次と清須城/秀勝と亀山城/秀勝と大垣城/秀長と大和郡山城/金箔瓦と桐紋瓦を用いた城

第三章 家臣団の城
 大名側からの豊臣城郭化/宇喜多秀家と岡山城/毛利輝元と広島城/浦戸城

第四章 天正一三年体制の城
 堀尾吉晴と佐和山城/山内一豊と長浜城/中村一氏と水口岡山城/浅野長政と大津城/多賀秀種と宇陀松山城/本多利久と高取城

第五章 天正一八年体制の城
 田中吉政と岡崎城/池田照政と吉田城/堀尾吉晴と浜松城・宗光と二俣城/山内一豊と掛川城/中村一氏と駿府城・一栄と三枚橋城

第六章 蒲生氏の会津における本支城体制
 蒲生氏郷と会津若松城/蒲生領の支城網/蒲生氏郷と九戸城

第七章 合戦と陣城
 賤ヶ岳合戦と陣城/小牧長久手合戦と陣城/小田原城攻めと石垣山一夜城/杉山城は織豊系城郭か/韮山城攻め/朝鮮出兵と倭城構築1 壱岐勝本城と対馬清水山城/朝鮮出兵と倭城構築2 慶尚南道と全羅南道に築かれた倭城

終章 秀吉の居城と陣城の意味するもの

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「秀吉と家臣団の城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 秀吉と家臣団の城+α陣城について分析された本。秀吉の城の特徴として、平城で総石垣、本丸塁線の隅部に天守があり、本丸前面に馬出を設ける(聚楽第プラン)ことを挙げられている。また、金箔瓦は、一門・家康領周 秀吉と家臣団の城+α陣城について分析された本。秀吉の城の特徴として、平城で総石垣、本丸塁線の隅部に天守があり、本丸前面に馬出を設ける(聚楽第プラン)ことを挙げられている。また、金箔瓦は、一門・家康領周辺・名護屋城までの街道上の城に使用され、桐紋瓦はシンボルとして全国に使用されたとの整理は分かりやすい。そして、天正十三年体制及び天正十八年体制では、秀次中心に対家康の防衛線が構築された点は共通するが、山城&山麓居館から本城&支城スタイルに進化している点が興味深い。毛利と長宗我部の居城移転の経緯は初耳だった。 …続きを読む
    珈琲奉行
    2021年12月30日
    6人がナイス!しています
  • 陣城はおもしろそうだ 陣城はおもしろそうだ
    onepei
    2022年02月13日
    3人がナイス!しています
  • 既訪の城はイメージ沸く 既訪の城はイメージ沸く
    ひよこ
    2022年02月11日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品