商売繁盛 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041096680

商売繁盛 時代小説アンソロジー

  • 著者 宮部 みゆき
  • 著者 朝井 まかて
  • 著者 梶 よう子
  • 著者 西條 奈加
  • 著者 畠中 恵
  • 編 末國 善己
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041096680

ようこそ、いらっしゃいまし。時代小説の名手が贈る江戸の“お店”小説集!

宮部みゆき、朝井まかてほか、人気作家がそろい踏み! 古道具屋、料理屋、江戸の100円ショップ……。活気溢れる江戸の町並みを描いた、賑やかで楽しい傑作“お店”小説の数々。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「商売繁盛 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 好きな作家さん達が揃っていたので楽しく読んだ。もう少し長編で読みたかった作品もあるがそうなるとアンソロジーでは無理だから仕方がないか。 好きな作家さん達が揃っていたので楽しく読んだ。もう少し長編で読みたかった作品もあるがそうなるとアンソロジーでは無理だから仕方がないか。
    あずとも
    2020年11月23日
    6人がナイス!しています
  • 末國善己編江戸時代のお仕事小説アンソロジー5篇。好きな作家さんばかりなので、全部既読なのは先刻ご承知(^_^) お晴ちゃんが昼飯のために買った隠元豆・椎茸・貝柱を胡麻油で揚げた天麩羅と煮売り屋で買った 末國善己編江戸時代のお仕事小説アンソロジー5篇。好きな作家さんばかりなので、全部既読なのは先刻ご承知(^_^) お晴ちゃんが昼飯のために買った隠元豆・椎茸・貝柱を胡麻油で揚げた天麩羅と煮売り屋で買った握り飯を、花咲き乱れるお寺の庭で小さな池を見ながら食べるお昼なんて、時代に関係なしなのです! で、こちらにもコロナ 否、コロリの影が…>*0*< お江戸のコロリは葉月を境いに少しずつ下火になっていったけれど… 安政5年のコレラは3年も続いたそうでございますよ。その頃から説かれていた手洗いとうがい!!! …続きを読む
    冷や中
    2020年11月28日
    5人がナイス!しています
  • 肩から湯を掛け揉むお晴 おでん屋じゃなく煎餅屋のかみさんと逃げたんだってと噂話が広がる お父っつぁんは朝湯に入り髪を結い 羽織を着て出掛けるものとお晴は思ってた 九九を言えないくせに 三助のくせに 熊 肩から湯を掛け揉むお晴 おでん屋じゃなく煎餅屋のかみさんと逃げたんだってと噂話が広がる お父っつぁんは朝湯に入り髪を結い 羽織を着て出掛けるものとお晴は思ってた 九九を言えないくせに 三助のくせに 熊公と言い合う 手習いせず町をうろつく 出先でおっ母さんが倒れなすったと 母は貰った粥を食っていた 今日は風が強いから火を落としたほうがと新吉が 急ぎ裏に回ると源爺が水を掛けてた 新吉を早くと 根元にかけろ早くと どうしよう お晴は着物を脱いで消そうと 新吉は戯作者になるから辞めると 皆が主人公っての書くって …続きを読む
    山内正
    2020年11月23日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品