試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月09日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041094228

女だてら

  • 著者 諸田 玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月09日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041094228

男装の麗人として名高い、漢詩人・原采蘋の人生を描く圧巻の時代ミステリ!

文政11年、筑前秋月藩の漢詩人・原古処の娘みちは、秋月黒田家の嫡子の急死の報を受け、密命を帯びて若い侍に姿を変えた。錯綜する思惑に陰謀、漢詩に隠された謎。彼女は変装術と機転を武器に、危機を切り抜ける。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「女だてら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 諸田 玲子、2作目です。本書は、男装の麗人歴史ミステリでした。全くの創作かと思いきや、実在の女流漢詩人・原采蘋がモデルでした。但し、流石に箱根の関所を入り女とは言え、男装で通過出来ないのではないでしょ 諸田 玲子、2作目です。本書は、男装の麗人歴史ミステリでした。全くの創作かと思いきや、実在の女流漢詩人・原采蘋がモデルでした。但し、流石に箱根の関所を入り女とは言え、男装で通過出来ないのではないでしょうか? https://kadobun.jp/trial/yasei/557.html …続きを読む
    starbro
    2020年09月03日
    245人がナイス!しています
  • 秋月黒田藩の内紛を漢詩人みちが髷まで結って男性としてこの難局に立ち向かう。実在の人物からの小説なのでややもするとゴタゴタした所はあったが、胸のすくような、女だてら、であった。 秋月黒田藩の内紛を漢詩人みちが髷まで結って男性としてこの難局に立ち向かう。実在の人物からの小説なのでややもするとゴタゴタした所はあったが、胸のすくような、女だてら、であった。
    初美マリン
    2022年01月07日
    120人がナイス!しています
  • 江戸後期に活躍した女流漢詩人・原 采蘋を主人公とした歴史ミステリー。秋月黒田藩の後継争いの影で、内紛を収めるために、国許から京都、そして江戸に出、その後は男装の詩人として活躍するまでを描く。駿河田中藩 江戸後期に活躍した女流漢詩人・原 采蘋を主人公とした歴史ミステリー。秋月黒田藩の後継争いの影で、内紛を収めるために、国許から京都、そして江戸に出、その後は男装の詩人として活躍するまでを描く。駿河田中藩士・石上玖左衛門との協力、京都所司代の二人の隠密との微妙な関係など、史実の空白部分を大胆かつ綿密に綴った意欲作。諸田さんは静岡出身、駿河田中藩は現在の藤枝市とその周辺であり、東海道を江戸に向かう道中では、馴染みのある地名が次々に現れ、興味深く読み進めることができた。筆者のあとがきの主人公の紹介も分かりやすい。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2020年09月06日
    88人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品