新訳 ナルニア国物語1 ライオンと魔女と洋服だんす

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041092484

新訳 ナルニア国物語1 ライオンと魔女と洋服だんす

  • 著者 C・S・ルイス
  • 訳 河合 祥一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041092484

【全世界1億2千万部以上】映像化多数! 児童文学の金字塔を新訳で読もう

【全世界1億2千万部以上! カーネギー賞受賞シリーズ第1弾】
児童文学の金字塔! 新訳&挿絵付
装画・挿絵:ソノムラ

※本書は、既刊の角川つばさ文庫版の表記や表現を大人向けに【【大幅に】】加筆修正し、全ての漢字にふられていたルビをへらしたものです。

●あらすじ
両親と離れ、田舎の風変わりな教授の家に預けられた4人の兄妹。ある日末っ子のルーシーが空き部屋で大きな洋服だんすをみつけるが、扉を開くとそこは残酷な魔女が支配する国ナルニアだった! 「4人の人間がナルニアを救う王になる」という予言のせいで、子どもたちは魔女に命を狙われることに。4人は聖なるライオン“アスラン”と共に魔女に戦いを挑むが…。カーネギー賞受賞シリーズ第1弾。不朽の名作が新訳でよみがえる!


●新訳のここがポイント
●新訳のここがポイント
翻訳にあたって、原作の英語の格調高さをくずさぬよう、配慮されて訳されています。「英米の子どもたちが原文を読んで味わうとおりの「楽しさ」――知らない世界に出会うときのわくわく感や(略)好奇心もふくめて――を大切にしました」「とくに原文の解釈には最新の注意をはらいました」と、本書の底本となった角川つばさ文庫版の訳者あとがきに記されています。
たとえば、第十三章で、魔女に「深遠なる魔法のことを忘れたのか?」と問われ、先行訳ではアスランが「忘れてしまったようだな」や「どうかな、忘れてしまったかもしれない」と答えていましたが、アスランがそんな大事なことを忘れるはずがないので、原文の「Let us say(と仮定しよう)」を活かし、本書では「忘れていたということにしよう」となっています。
こういった、注意しないと正しく訳せないくだりが今の日本語で美しく訳されています。

もくじ

第一章 ルーシー、洋服だんすのなかへ
第二章 そこでルーシーが目にしたもの
第三章 エドマンドと洋服だんす
第四章 ターキッシュ・ディライト
第五章 扉のこちらにもどってみると
第六章 森のなかへ
第七章 ビーバー夫妻との一日
第八章 食事のあとで起こったこと
第九章 魔女の館で
第十章 魔法が解けはじめる
第十一章 アスランは近い
第十二章 ピーターの初陣
第十三章 時のはじまりからある、深遠なる魔法
第十四章 魔女の勝利
第十五章 時がはじまる前の、もっと深遠なる魔法
第十六章 石像に起こったこと
第十七章 白鹿狩り
訳者あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「新訳 ナルニア国物語1 ライオンと魔女と洋服だんす」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小学生か中学生の時に母にお勧めされて読み、アスランがイエス様だと気づいた時は嬉しかったです!イエス様の十字架と復活をドラマチックに書かれています。何度目かの再読だったので細かいところ以外は結構覚えてい 小学生か中学生の時に母にお勧めされて読み、アスランがイエス様だと気づいた時は嬉しかったです!イエス様の十字架と復活をドラマチックに書かれています。何度目かの再読だったので細かいところ以外は結構覚えていました。『ライオンと魔女』は覚えているけど他のシリーズ本はあまり期待できません(^_^;)中学生の時にドキドキワクワクして読んだ気持ちがよみがえってきて、とても楽しい読書タイムになりました。自分がナルニアに行ったらと想像したりしました。ぜひ中高生の時に一度読んで欲しい物語です。 …続きを読む
    mariya926
    2020年11月10日
    125人がナイス!しています
  • ナルニア国物語初読み。結構ドキドキわくわくしました。映画を観たくなりました。2巻も読みます🎵 ナルニア国物語初読み。結構ドキドキわくわくしました。映画を観たくなりました。2巻も読みます🎵
    葵@晴読雨読
    2021年02月28日
    28人がナイス!しています
  • 映画は見てるから筋は知ってるけど、小説をちゃんと読むのは初めて(山を崩せば、他社の文庫が発掘されるはずなの)。そういうこともあって、ワクワクしながらページをめくるということはなかったのだけど、冷静に、 映画は見てるから筋は知ってるけど、小説をちゃんと読むのは初めて(山を崩せば、他社の文庫が発掘されるはずなの)。そういうこともあって、ワクワクしながらページをめくるということはなかったのだけど、冷静に、うまく作り上げた作品だなあと感じました。アスランがかっこよくて好きなのと(ただのネコ科スキー)、最後の四兄弟が王座について成長するところからこちらの世界に戻ってくるまでの流れが、なんだかとても好きです。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2020年09月07日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品