試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041091883

藍の夜明け

  • 著者 あさの あつこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041091883

悪夢を見た夜に必ず近所で起きる通り魔事件。眠っている間にいったい何が?

16歳になった翌朝、爾はひどい悪夢から目を覚ます。その手の平には寝る前にはなかった浅い傷と、指には長い髪の毛が絡みついていた。前夜、近所で起きた女性の通り魔殺人の報道を知り不安に駆られる爾。異変は次々起き、三度目の朝。爾は自分が脱いだTシャツから血の匂いをかぎ取る。そして少女の他殺体発見のニュースが! その少女は、看護師を務める爾の母の患者だった。犯人が自分かもしれない。爾は親友の達樹にも話せず悩んでいた。ある日、学校で見知らぬ少年と遭遇する。達樹からは自分たちの幼なじみの白兎だと言われるが、爾には全く見覚えがなく……。大人のサスペンス・ミステリ、第3弾!
「あえて本文庫が白兎シリーズという名称を使わない理由もわかる。(中略) それにしても、何とも不思議な魅力に満ちた連作であることか」(解説:池上冬樹)
(本作は、長らく在庫切れだった『白兎3 蜃楼の主』(講談社)を著者が全面見直しし、加筆修正、改題の上文庫化したものです)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「藍の夜明け」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3。改題前のタイトル『蜃桜の主』の方が私は好きだが、今回は稼業の染物屋を飛び出した男…本当の名前を忘れた男の顛末。それにしても次で完結するはずだが、私には全然見えない。白兎は何処へ行くのだろう シリーズ3。改題前のタイトル『蜃桜の主』の方が私は好きだが、今回は稼業の染物屋を飛び出した男…本当の名前を忘れた男の顛末。それにしても次で完結するはずだが、私には全然見えない。白兎は何処へ行くのだろう… …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年01月26日
    149人がナイス!しています
  • 輪廻転生ものでした。前世の因果が…。名前はとても大事ですね。大切にしよう。白兎くんのキャラ好きでした。 輪廻転生ものでした。前世の因果が…。名前はとても大事ですね。大切にしよう。白兎くんのキャラ好きでした。
    はいね
    2021年01月25日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品