試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041109700

明日へつながる5つの物語

  • 著者 あさの あつこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041109700

コロナの時代だからこそ、前向きな気持ちになりたいあなたへ。珠玉の作品集

がんになった父親と結婚を控えた娘の、ある夜の心の交流を描く一遍目(「この手で抱きしめて」)。岡山藩の若き城主池田綱政と寵臣津田、御用石工の藤吉とが結んだ歴史の中の友愛物語(「烏上の空」)。熱烈交際中の高校生愛莉は、ある日突然信じられない告白をカレシから受ける(「カレシの卒業」)。東京マラソンを舞台に、男同士の友情と過去の恋心を描く(「フィニッシュ・ゲートから」)。幼い頃、母親から桃畑に置きざりにされた記憶を持つ女性が、優しさと真実を取り戻す物語(「桃の花は」)。人として、家族として、優しく前向きな気持ちになる。明日に向かう5つの人生を描いた、コロナの時代の珠玉の作品集!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次


この手に抱きしめて

烏上の空

カレシの卒業

フィニッシュ・ゲートから

桃の花は

「バッテリー聖地巡礼ツアー」受付中! 著者と一緒に1泊2日のバス旅行 (6月実施予定。くわしくはこちら)

シリーズ累計1000万部の「バッテリー」や時代小説でも大人気のあさのあつこさんは、昨年作家デビュー30周年を迎えました。それを記念して、小説「バッテリー」の舞台や映画ロケ地を、あさのあつこさんと一緒に巡るツアーを企画しました。

●旅行実施日:2022年6月4日(土)6月5日(日)1泊2日

★あさのさんと一緒に、同じバスに乗って岡山県内を巡り、同じホテルに宿泊

★夜はトークショーやサイン会

★最新刊『彼女が知らない隣人たち』サイン本+現地のお土産付き


あさのさんと一緒に旅行ができる、ファンには絶対見逃せない豪華プランです!
定員になり次第締め切りとなります。先着順、お急ぎください!

●受付期間:受付中 ~2022年5月23日(月)まで
※定員になり次第締め切り


メディアミックス情報

NEWS

「明日へつながる5つの物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5つの短編集が繋がっているのかな?と思いましたが違いました。それでも明日が来るという希望がある内容でした。一番良かったのが「この手に抱きしめて」父が強がりなどを捨てて、素直に子どものハレに日に臨む姿が 5つの短編集が繋がっているのかな?と思いましたが違いました。それでも明日が来るという希望がある内容でした。一番良かったのが「この手に抱きしめて」父が強がりなどを捨てて、素直に子どものハレに日に臨む姿が良かったです。それと途中で長距離選手を諦めてシューズの製作をする主人公と、東京マラソンに挑戦する友人の物語も良かったです。SFの世界はちょっと分かりかねましたが··。作家デビュー30年記念としてのインパクトには欠けますが、軽く読みたい時にはオススメです。猫は出てきませんでした。 …続きを読む
    mariya926
    2022年03月05日
    138人がナイス!しています
  • 今の時代に前向きになれる短編集5編。やはり私にとっては岡山が舞台の「烏城の空」ですね。岡山城主、池田綱政を支えた津田永忠と後楽園、和気閑谷学校等を造営した石工たちの物語。永忠は知られていても、石工たち 今の時代に前向きになれる短編集5編。やはり私にとっては岡山が舞台の「烏城の空」ですね。岡山城主、池田綱政を支えた津田永忠と後楽園、和気閑谷学校等を造営した石工たちの物語。永忠は知られていても、石工たちの事は初めて知り感動。「この手に抱きしめて」病気になって初めて見えること、感じる事がある。花嫁の父が娘に送る言葉、娘が父に送る言葉。「囚われていては見えない真実がある。固執していては掴めない幸せがある」なるほど! …続きを読む
    タイ子
    2021年12月17日
    101人がナイス!しています
  • 5編の短編集で、どれも明日への希望が垣間見えるラストが良かったです。父親の娘への思い、石工の誇り、なんとカレシが宇宙人で祖母も?、そしてフルマラソンに挑戦する学生時代の親友と自分をかえりみる悠斗。最後 5編の短編集で、どれも明日への希望が垣間見えるラストが良かったです。父親の娘への思い、石工の誇り、なんとカレシが宇宙人で祖母も?、そしてフルマラソンに挑戦する学生時代の親友と自分をかえりみる悠斗。最後の桃畑での作品が最も琴線に触れました。それは満開の桃畑を見た強烈な思い出があったから。そこでなら「桃は記憶の花だ。桃の下に立つと、埋もれていた記憶がよみがえってくるんだ」・・ありえる。もう一度桃畑を見に行き、今度は桃の下に立ってみたい。 …続きを読む
    ぶんこ
    2022年03月31日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品