試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041121573

彼女が知らない隣人たち

  • 著者 あさの あつこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041121573

それは「遠い火事」のようで、本当は「私の隣」で起きている

地方都市で暮らす三上咏子は、縫製工場でパートとして働きながら、高校生の翔琉と小学生の紗希、夫の丈史と平凡な毎日を送っていた。ある日の夕方、駅近くの商業施設から白い煙が上がるのを目撃。近くの塾に通う息子が気になり電話を掛けるが、「誰かが爆弾を仕掛けたテロだ」と興奮して語る様子に違和感を覚える。翌日、今度は市立図書館でも同様の事件が発生。いったいなぜこの町で、こんなことが? 咏子は今まで気にも留めなかった、周囲の異変に気がついていく……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

一章 日々の風景
二章 守りたいもの
三章 水溜りに映る影
四章 季節の終わりに
五章 明日咲く花
六章 わたしの物語
エピローグ

「バッテリー聖地巡礼ツアー」受付中! 著者と一緒に1泊2日のバス旅行!(6月実施予定、くわしくはこちら)

シリーズ累計1000万部の「バッテリー」や時代小説でも大人気のあさのあつこさんは、昨年作家デビュー30周年を迎えました。それを記念して、小説「バッテリー」の舞台や映画ロケ地を、あさのあつこさんと一緒に巡るツアーを企画しました。
●旅行実施日:2022年6月4日(土)6月5日(日)1泊2日

★あさのさんと一緒に、同じバスに乗って岡山県内を巡り、同じホテルに宿泊

★夜はトークショーやサイン会

★最新刊『彼女が知らない隣人たち』サイン本+現地のお土産付き

あさのさんと一緒に旅行ができる、ファンには絶対見逃せない豪華プランです!
定員になり次第締め切りとなります。先着順、お急ぎください!

 ●受付期間:受付中 ~2022年5月23日(月)まで ※定員になり次第締め切り


メディアミックス情報

NEWS

「彼女が知らない隣人たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『あなた、帰ってきて。いいえ、つれもどす。わたしが連れ戻す。』夫は帰ってくるのか?帰って来ても息子の信頼を取り戻せるか?【家族】だからは免罪符にはならないと思う。が、『憎んでも、怨んでも傷つくのは自分 『あなた、帰ってきて。いいえ、つれもどす。わたしが連れ戻す。』夫は帰ってくるのか?帰って来ても息子の信頼を取り戻せるか?【家族】だからは免罪符にはならないと思う。が、『憎んでも、怨んでも傷つくのは自分』そんな自分の過去を息子に伝えるのは母として務めかもしれない。一人の人間の根っこの部分が今、曝されて私ならどうだろう、どうするだろうと私の心もちょっと揺らぐ。簡単にSNSで誹謗中傷出来る社会だから、使い方を間違ってはいけない。矛先を向ける前に想像してみよう。それが人間に出来る唯一の優しさだと思う。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2022年05月01日
    171人がナイス!しています
  • 終始、不穏な空気が漂う。主人公・三上咏子は毒親の両親とは絶縁状態。地方都市の一戸建てで夫と息子、娘と生活を送るパート主婦。反抗的な言動をする高校生の息子に鬱屈とした思いを抱えながら日々過ごしている。そ 終始、不穏な空気が漂う。主人公・三上咏子は毒親の両親とは絶縁状態。地方都市の一戸建てで夫と息子、娘と生活を送るパート主婦。反抗的な言動をする高校生の息子に鬱屈とした思いを抱えながら日々過ごしている。そんな中、連続爆発事件が起き咏子は不安に駆られ…。家族をテーマにしたサスペンスかと思いきや、そこに関わって来るのは外国人労働者問題。何気なく毎日を過ごしていると決して知り得ない隣人たちの苦悩。不確かな情報を鵜呑みにし、彼らを攻撃する名もない輩に怒りを覚える。だが彼女が知らなかったのは隣人だけではなかったようだ。 …続きを読む
    よつば🍀
    2022年05月02日
    74人がナイス!しています
  • 中島京子さんの「やさしい猫」を思い出した。2作はちょうど同じ事柄を視点を逆にして描かれているように思えた。いろんなニュースを呑み込み、そして「すぐに忘れる」私たち。それらひとつひとつに、実体があり、ず 中島京子さんの「やさしい猫」を思い出した。2作はちょうど同じ事柄を視点を逆にして描かれているように思えた。いろんなニュースを呑み込み、そして「すぐに忘れる」私たち。それらひとつひとつに、実体があり、ずっと続いていくことであるのに。そのなかの何かひとつだけでも、自分のこととして捉えて関わっていこうとする人たちと、彼らを取り巻くさまざまな人たちかわリアルに描かれていた。ひとつ前に読んだ「八月の母」ともつながるようなしんどい過去を持つ咏子が、よりたくましく変わっていく姿が頼もしく、重たいけれど好きな作品だった。 …続きを読む
    ででんでん
    2022年05月19日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品