エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041090244

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード

  • 著者 荻原 規子
  • カバーイラスト 丹地 陽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041090244

「わしは八百万の神だ」家に迷い込んできた小型犬が突然、しゃべった!

父親のイギリス転勤で家族が日本を離れるのと大学合格のタイミングが重なり、美綾は自宅に一人残ることを選ぶが、それでよかったのかどうかもやもやしていた。そんな春の日、家に一匹の小型犬(パピヨン)が迷い込んできた。毛並みがよく人なつっこい小犬に、近所で飼い主を探してみるが見つからない。仕方なく自宅で世話をしていると、突然「おぬし気にするな。わしは八百万の神だ」犬がしゃべった? 幻聴? 信じられない美綾に、小犬は自分は日本古来の神で人間になるために転生してきたと語る。 大学では小学校で一緒だった有吉智佳や澤谷光秋と再会するが、バイク事故で死んだかつての同級生の思い出話から幽霊絡みの不穏な事件が起きて……。「モノクロ」と名付けられた「神様」と女子大生の奇妙な共同生活が始まる! 荻原規子の「エチュード春一番」シリーズが再始動! 完結編まで見逃せない!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 犬も歩けば
第二章 不穏な幼なじみ
第三章 雉も鳴かずば
第四章 しのびよる影

POP


メディアミックス情報

NEWS

「エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 不思議な話だった。幽霊話あり、しゃべるワンコあり…そして、八百万の神は特になんの力もないし。でもシリーズみたいなので、次も読んでみようと思ってる。 不思議な話だった。幽霊話あり、しゃべるワンコあり…そして、八百万の神は特になんの力もないし。でもシリーズみたいなので、次も読んでみようと思ってる。
    坂城 弥生
    2021年02月26日
    49人がナイス!しています
  • 元々は講談社タイガにて出ていたのがKADOKAWAから装いも新たに出ていたので気になり購入。タイガ版よりも雰囲気がつかめる表紙になってる。ただ、女子大学生が八百万の神であるパピヨンに出会いとあらすじは 元々は講談社タイガにて出ていたのがKADOKAWAから装いも新たに出ていたので気になり購入。タイガ版よりも雰囲気がつかめる表紙になってる。ただ、女子大学生が八百万の神であるパピヨンに出会いとあらすじは面白そうだけども話は変化が少なく八百万の神たるパピヨンも神通力みたいなものを使うわけでもないのでちょっとありゃー?って感じで読み終わった。まずまずの第一巻。2巻目以降はもう少し話が動くといいな。オカルトめいたものよりも怖いのは人かもしれない。大学時代は確かに人間関係で一度は悩むよね〜。 …続きを読む
    神太郎
    2022年02月26日
    27人がナイス!しています
  • 内包している罪悪感があったからこそ、悪意に騙された美綾。「視えるからすごい」って思わせる人もいるけど、その人がそう言う動機を見極めなければいけないな。 内包している罪悪感があったからこそ、悪意に騙された美綾。「視えるからすごい」って思わせる人もいるけど、その人がそう言う動機を見極めなければいけないな。
    2021年12月22日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品