エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041090244

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード

  • 著者 荻原 規子
  • カバーイラスト 丹地 陽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041090244

「わしは八百万の神だ」家に迷い込んできた小型犬が突然、しゃべった!

父親のイギリス転勤で家族が日本を離れるのと大学合格のタイミングが重なり、美綾は自宅に一人残ることを選ぶが、それでよかったのかどうかもやもやしていた。そんな春の日、家に一匹の小型犬(パピヨン)が迷い込んできた。毛並みがよく人なつっこい小犬に、近所で飼い主を探してみるが見つからない。仕方なく自宅で世話をしていると、突然「おぬし気にするな。わしは八百万の神だ」犬がしゃべった? 幻聴? 信じられない美綾に、小犬は自分は日本古来の神で人間になるために転生してきたと語る。 大学では小学校で一緒だった有吉智佳や澤谷光秋と再会するが、バイク事故で死んだかつての同級生の思い出話から幽霊絡みの不穏な事件が起きて……。「モノクロ」と名付けられた「神様」と女子大生の奇妙な共同生活が始まる! 荻原規子の「エチュード春一番」シリーズが再始動! 完結編まで見逃せない!

もくじ

第一章 犬も歩けば
第二章 不穏な幼なじみ
第三章 雉も鳴かずば
第四章 しのびよる影

POP


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 不思議な話だった。幽霊話あり、しゃべるワンコあり…そして、八百万の神は特になんの力もないし。でもシリーズみたいなので、次も読んでみようと思ってる。 不思議な話だった。幽霊話あり、しゃべるワンコあり…そして、八百万の神は特になんの力もないし。でもシリーズみたいなので、次も読んでみようと思ってる。
    坂城 弥生
    2021年02月26日
    49人がナイス!しています
  • 大学に合格した美綾は、父の転勤に家族が付いていき、自宅に1人で暮らすことに。そこに一匹の小型犬が迷い込んできた…。ひょんな事から犬のパピヨン“モノクロ”に憑依?した神様と暮らすことになった主人公との不 大学に合格した美綾は、父の転勤に家族が付いていき、自宅に1人で暮らすことに。そこに一匹の小型犬が迷い込んできた…。ひょんな事から犬のパピヨン“モノクロ”に憑依?した神様と暮らすことになった主人公との不思議な共同生活。動物が好きなので設定も表紙もとても好みでした。でも期待しすぎたかな?モノクロは謎解きに大活躍するわけでなく、哲学的な言葉を呟くのみ。そして、真犯人がジョークやいたずらで済むはずない事を仕出かしているのに、サラッと終わってしまったのがモヤモヤしてしまいました。 …続きを読む
    ち〜
    2021年01月04日
    6人がナイス!しています
  • 八百万の神の設定や、モノクロの考察は面白かったです… が、私はRDGの方が好きです(^_^;) 八百万の神の設定や、モノクロの考察は面白かったです… が、私はRDGの方が好きです(^_^;)
    リンリン
    2021年04月16日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品