エチュード春一番 第三曲 幻想組曲 [狼]

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041098691

エチュード春一番 第三曲 幻想組曲 [狼]

  • 著者 荻原 規子
  • カバーイラスト 丹地 陽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041098691

八百万の神・モノクロと共に平将門の時代にタイムスリップしてしまった美綾

小犬の姿をした「八百万の神」(モノクロ)と暮らす大学生の美綾。読んだばかりの『将門記』についてモノクロと話していると、「一緒にその時代を見に行かないか」と誘ってきた。次の瞬間、美綾はモノクロと共に(意識体)となって本物の将門の時代へ飛んでいた。平将門が若きリーダーとして確かに存在しており、目の前に現れる! 意識だけの感覚に徐々に慣れた美綾はモノクロと別行動を取っていると、アクシデントが起こり、将門の護衛を務める蝦夷の少女ユカラの身体に閉じ込められてしまうが、ユカラの将門への気持ちを知ることに。やがて「えやみ」という邪悪な呪術が絡んだ親族との戦いが起きる。一方で「えやみ」を浄化しようとする「山の民」が変化したオオカミたちが、ユカラに力添えをして将門を危機から救おうとするが……。
「これぞ荻原規子。さすが荻原規子。本の中に引きずりこまれそう。神の視点で歴史を見るとはこういうことか !」八咫烏シリーズで人気の阿部智里氏、大絶賛! 壮大なスケールで描かれた書き下ろし、シリーズ第3巻ついに登場!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 将 門
第二章 ユカラ
第三章 黒 田
第四章 モノクロ

メディアミックス情報

NEWS

「エチュード春一番 第三曲 幻想組曲 [狼]」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第3作は前作とはガラリと趣向が変わり、美綾とモノクロは何と平安時代に行きます。平将門とオオカミ。どちらも興味があったので夢中で読みました。蝦夷の少女ユカラの登場には『薄紅天女』が思い出されます シリーズ第3作は前作とはガラリと趣向が変わり、美綾とモノクロは何と平安時代に行きます。平将門とオオカミ。どちらも興味があったので夢中で読みました。蝦夷の少女ユカラの登場には『薄紅天女』が思い出されます。ラストはあまりに切なくてしばし放心状態になりました。 …続きを読む
    さつき
    2021年09月19日
    82人がナイス!しています
  • 和ファンタジーの奥深さを堪能できる萩原さんらしい三巻目。今回は平将門の時代へとモノクロとタイムスリップ。当時の時代背景や神の視点と人の視点の違いも楽しめる。ラブ度もほんのり上がってるのもいい。出版社が 和ファンタジーの奥深さを堪能できる萩原さんらしい三巻目。今回は平将門の時代へとモノクロとタイムスリップ。当時の時代背景や神の視点と人の視点の違いも楽しめる。ラブ度もほんのり上がってるのもいい。出版社が変更され、カバーイラストが黒猫シリーズを描いている丹地陽子さんに変わってたので嬉しい。 …続きを読む
    ままこ🌿
    2022年07月14日
    75人がナイス!しています
  • Kindleで読了。まさかの展開で、一冊丸ごと将門記。ワクワクするけれどクラクラしました。荻原さんが見つめる神と人との関係は非常に興味深い。「人にとっての神とは?神にとっての人とは?」。これだけベタな Kindleで読了。まさかの展開で、一冊丸ごと将門記。ワクワクするけれどクラクラしました。荻原さんが見つめる神と人との関係は非常に興味深い。「人にとっての神とは?神にとっての人とは?」。これだけベタなラノベ路線の雰囲気で書いているのに、首筋がヒヤリとするものがある。今回は言うなれば萩原さんの「怨霊考」だったなーと。東国に広がった帝の血は互いに殺しあう運命…という言葉に、「風神秘抄」「あまねく神竜住まう国」を思い出しました。源氏の血生臭さは「彼」からだった説、面白かったです。 …続きを読む
    りー
    2021年08月24日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品