角川文庫

樹上のゆりかご

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041037201
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

樹上のゆりかご

  • 著者 荻原 規子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041037201

荻原規子の学園小説の名作が、書き下ろし短編を加えて新たに登場!

かつて旧制中学だったバンカラな伝統が残る都立辰川高校に入学した上田ひろみは、学校全体を覆う居心地の悪さを感じるようになっていた。合唱コンクールで代役の指揮をした美少女有理と親しくなってからは、周囲でさらにおかしなことが起き始める。合唱祭、演劇コンクール、体育祭と準備に追われる中、生徒会に脅迫状が届き相次いで事故が……。学校に巣くう「名前も顔もないもの」とはなんなのか? 何ものからも守られ、それゆえに不安定な「ゆりかご」のような場所、「学校」。そこで過ごす刹那を描いた、人気作家荻原規子の今では珍しい学園サスペンス。読みながら思わず自分の高校時代を重ねあわせていく、不思議な感覚の物語。書き下ろし短編、あとがきを収録して新たに登場!

もくじ

第一章 沈黙の音
第二章 砂糖とスパイス
第三章 月の諸相
第四章 銀盆の首
書き下ろし短編 週一の時間
あとがき


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「樹上のゆりかご」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公の女子高校生・ひろみと美少女・有理との好対照っぷりがいい。高校生ともなれば、自分の中の女を充分意識することができる。その点で、有理は魔性だ。 主人公の女子高校生・ひろみと美少女・有理との好対照っぷりがいい。高校生ともなれば、自分の中の女を充分意識することができる。その点で、有理は魔性だ。
    佐島楓@勉強中
    2016年07月13日
    58人がナイス!しています
  • 舞台がアラビアンナイトの世界から都立高校へ移っても、私は上田ひろみという女の子にどこか気になるものがあるらしい。彼女の思考を反芻するようにして読んだ。学校に巣くう名前のない顔のないもの。ヨカナーンだけ 舞台がアラビアンナイトの世界から都立高校へ移っても、私は上田ひろみという女の子にどこか気になるものがあるらしい。彼女の思考を反芻するようにして読んだ。学校に巣くう名前のない顔のないもの。ヨカナーンだけを欲するサロメたる有理に惹かれながらも、ひろみは辰高生であることに踏みとどまる。名前のない顔のないものの存在に気付き、それに敵対して暴走する有理のことを理解しつつも、自分の立ち位置を守れる彼女のバランス感覚が、私は好きなのかもしれなかった。私としても、「学校と社会は違う」という江藤夏郎の言葉の方を信じたい。 …続きを読む
    ユメ
    2017年01月13日
    40人がナイス!しています
  • 結句、全体を通して、メンヘラの近衛有理に振り回されたお話なのかなって感じてしまった。サロメを通じて伝えたかった、痛烈な「私を見て!」は会長につたわったんでしょうか。爽やか青春劇を期待して読んだら混沌と 結句、全体を通して、メンヘラの近衛有理に振り回されたお話なのかなって感じてしまった。サロメを通じて伝えたかった、痛烈な「私を見て!」は会長につたわったんでしょうか。爽やか青春劇を期待して読んだら混沌としていてびっくらこいた。 …続きを読む
    カピバラ
    2016年06月13日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品