試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041089927

こわい本3 狂乱

  • 著者 楳図 かずお
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041089927

楳図かずおの恐怖短編時代劇の名作を収録。

江戸時代。美しい娘のいる家に小判がふれば娘は殺される――。たたりの原因を調べる親分は何者かに切られ、娘のひとみが犯人を追ううちに、死体の頭に恐ろしい傷のぬいあとがあることに気づく。ひとみの推理が冴える「ふりそで小町捕物控」。応仁の乱の末期、残虐な領主に家族を殺された鬼丸は、仏師・海慶の彫ほ る不動明王に魅せられ……「人喰い不動」。室町時代後半。烏山城主・烏山主水之介は能面の蒐集マニアだったが、ついにはこれぞという面を作らせようと、城下に住む能面師・夜叉面のもとを訪れたが、「けがれた気持ちで面はつくれませぬ」と断る夜叉面。怒った主水之介は夜叉面を切り捨ててしまう。夜叉面の孫で弟子の重太郎は、復讐を誓う。美貌の青年に成長した重太郎は面づくりの支度を始め、自らの顔にのみの刃を当て……「肉面」。他、「復讐鬼人」「木の肌花よめ」「悪夢の数式」を収録。

もくじ

ふりそで小町捕物控、人喰い不動、復讐鬼神、肉面、木の肌花嫁、悪夢の数式
楳図かずおのこわ~い話
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「こわい本3 狂乱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これだこれだ‼︎ 私のトラウマになった「肉面」が収録されている。1966年「少年マガジン」掲載時、あまりの怖さに本を閉じた。その当時、我が家の風呂は、薪で沸かしていて(古い!)、「少年マガジン」を燃や これだこれだ‼︎ 私のトラウマになった「肉面」が収録されている。1966年「少年マガジン」掲載時、あまりの怖さに本を閉じた。その当時、我が家の風呂は、薪で沸かしていて(古い!)、「少年マガジン」を燃やしていたら、その衝撃シーンが出てきてしまった。火に燃え上がる残酷なシーンが目に焼き付く。それから55年振り。今回は冷静に読むことが出来た。いやーそれにしても、楳図さんの恐怖描写は凄い。最後に収録されている「悪魔の数式」だけ毛色が違う。これが「高二時代」に連載されていたなんて。高二の読者は妄想していただろうな。 …続きを読む
    keroppi
    2021年07月18日
    82人がナイス!しています
  • 今回の狂乱は目に見えないこわさを描いた作品だとあとがきに書かれていた。見た目に惑わされてはいけないし、人の恨みは本当に怖いと思った。ふりそで小町捕物控ではひとみちゃんが倒れたお父さんに変わって事件を解 今回の狂乱は目に見えないこわさを描いた作品だとあとがきに書かれていた。見た目に惑わされてはいけないし、人の恨みは本当に怖いと思った。ふりそで小町捕物控ではひとみちゃんが倒れたお父さんに変わって事件を解決する。ひとみちゃんの活躍をもっと読みたかった。悪夢の数式ではまことちゃんが少し出てきた。 …続きを読む
    Kana
    2021年07月17日
    17人がナイス!しています
  • ああー「肉面」が載ってる。これはトラウマレベルだった。これと半魚人の手術シーン… ああー「肉面」が載ってる。これはトラウマレベルだった。これと半魚人の手術シーン…
    へへろ~本舗
    2021年07月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品