黄金列車

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041086315

黄金列車

  • 著者 佐藤 亜紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041086315

戦場を駆ける黄金列車の行方は?大人達の戦いを描く佐藤亜紀の新たな傑作。

ハンガリー王国大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を積んだ「黄金列車」の運行にかかわることになる。バログは財宝を狙う有象無象を相手に、文官の論理と交渉術を持って渡り合っていくが、一方で、ユダヤ人の財産である物品は彼を過去の思い出へといざなう。かつて友誼を結んだユダヤ人の友人たち、妻との出会い、輝くような青春の思い出と、徐々に迫ってくる戦争の影――。ヨーロッパを疾駆する機関車のなか、現在と過去を行き来しながらバログはある決意を固める。実在した「黄金列車」の詳細な資料を元に物語を飛翔させる、佐藤亜紀の新たな代表作!


メディアミックス情報

NEWS

「黄金列車」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第二次世界大戦の歴史の影の一片を切り取って描かれた長編小説。戦争という非常な事態の渦中にいる者たちが見せる人間の機微に通じた味わい深いドラマをじわじわじっくりと堪能した。劇的な展開があるわけではなく、 第二次世界大戦の歴史の影の一片を切り取って描かれた長編小説。戦争という非常な事態の渦中にいる者たちが見せる人間の機微に通じた味わい深いドラマをじわじわじっくりと堪能した。劇的な展開があるわけではなく、正義を振りかざすわけではなく、ただそこに生きている人間として、バログたち役人のおっさんらが見せる意地、ささやかだが気の入った反抗を果たす姿が痛快であり、痺れた。その裏には非道な使命に従う役人の悲哀、その荷物の重み、悔しさ憤りが密かに充満している。それらが一文一文から滲み出てくるのを感じた。表紙も渋くていい。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年11月09日
    94人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦に関して書かれた文学は多いが、この本もその一面を描いた作品だった。大戦の末期、ハンガリー大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を 第二次世界大戦に関して書かれた文学は多いが、この本もその一面を描いた作品だった。大戦の末期、ハンガリー大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、政府がユダヤ人から没収した財産を積んだ「黄金列車」と呼ばれる列車に携わることになる。ストーリーの流れは没収資産を列車に乗せて運搬する話。その中にかつてバログが親交を結んだユダヤ人の友人たちの思い出が挿入される。暗く重い雰囲気が漂う中、バログの行なった行為が胸に迫ってくる。戦争文学の名作と呼んでもいい一冊だと思う。 …続きを読む
    のぶ
    2019年11月26日
    80人がナイス!しています
  • 終戦間近ハンガリーでのユダヤ人没収資産をめぐる話。主軸は没収資産を列車に乗せて運搬する話。ただただ、列車の運行のみなのだが、やはり佐藤亜紀さんはうまい。そこに、秩序が乱れた時に表面化する人間の欲望や主 終戦間近ハンガリーでのユダヤ人没収資産をめぐる話。主軸は没収資産を列車に乗せて運搬する話。ただただ、列車の運行のみなのだが、やはり佐藤亜紀さんはうまい。そこに、秩序が乱れた時に表面化する人間の欲望や主人公の回想等がうまく絡まって知らぬ間にどんどんページが進んでゆく。今回はエネルギー溢れる反社会的な若者ではなく、晩年に差し掛かっている人生半ば諦めに達している中年が主人公。様々な辛辣な思いをしてきた中年だからこそできる人生の駆け引きは読ませる。さすがである。 …続きを読む
    南雲吾朗
    2019年11月18日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品