キキ・ホリック

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784040732015

キキ・ホリック

  • 著者 森 晶麿
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784040732015

「私たちはずっといっしょだ」――この場所で起きた、彼女たちのすべて

校庭の一角を占める<プラントハウス>。温室植物たちを管理するのは、他の誰にもない存在感を放つ蘇芳キキただ一人だった。しかし彼女は姿を消してしまう。ある事件と共に……。その記憶を、いま綴ろうと思う――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キキ・ホリック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 百合小説だけど、見ようによっては青春小説であるのかもしれない。高校生の一時の迷いは一生の後悔になることもあるから、現在を懸命に生きていくしかない。なかなか考えるべきことが多いなぁとも思った。不思議な雰 百合小説だけど、見ようによっては青春小説であるのかもしれない。高校生の一時の迷いは一生の後悔になることもあるから、現在を懸命に生きていくしかない。なかなか考えるべきことが多いなぁとも思った。不思議な雰囲気が常に漂い、ページをめくる手が一切止まらなかった。 …続きを読む
    ほたる
    2019年08月03日
    8人がナイス!しています
  • 全く展開が読めず予想出来ない終わり方だった。一気読み。上手く言えないけれどずっと夢みたいな感じ 全く展開が読めず予想出来ない終わり方だった。一気読み。上手く言えないけれどずっと夢みたいな感じ
    あずとも
    2019年08月17日
    6人がナイス!しています
  • 構成、キャラクター、心理描写、どれをとっても非の打ち所がないけれど、それら以上に魅力的なのは、ウィットに富んだ文章。村上春樹や西尾維新を読んだ時と同じような「全センテンスおもしろい」という感覚を、久々 構成、キャラクター、心理描写、どれをとっても非の打ち所がないけれど、それら以上に魅力的なのは、ウィットに富んだ文章。村上春樹や西尾維新を読んだ時と同じような「全センテンスおもしろい」という感覚を、久々に味わえた。中でも好きなのは波留花がキキの崇高さについて語るくだり。綺麗な表現とかの次元を超えて、もはや神々しさすら感じさせるような文章だった。あとがき、いやあがきとも手が込んでる。もっとも植物から遠い時期の少女たちが、植物に耽溺する。この奇妙な発想を100%の熱量で描ききった森晶麿先生、感服です。 …続きを読む
    成瀬雯悟
    2019年08月25日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品