臨床真理 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

臨床真理

  • 著者 柚月裕子
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

これぞ柚月裕子の原点

臨床心理士・佐久間美帆が担当した青年・藤木司は、人の感情が色でわかる「共感覚」を持っていた……。美帆は友人の警察官と共に、少女の死の真相に迫る! 著者のすべてが詰まった鮮烈なデビュー作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「臨床真理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 柚月裕子さんのデビュー作。読みたかったけど図書館では5年以内でないと買って貰えないので諦めていましたが、なんと角川書店で新しく発売されたので読めました!これがデビュー作なんて!!というのが読了感です。 柚月裕子さんのデビュー作。読みたかったけど図書館では5年以内でないと買って貰えないので諦めていましたが、なんと角川書店で新しく発売されたので読めました!これがデビュー作なんて!!というのが読了感です。臨床心理士の美帆に関して、これは司には今は言ってはいけないんじゃない?とか、早く逃げないとと思ったことはありましたが、それでも完成度は高いです。それにしても彩は可哀想です。司と幸せになって欲しかったな。障害者施設の事件はたまにニュースになりますが、弱者に対する犯罪は明るみになるのが難しいですね。 …続きを読む
    mariya926
    2019年12月09日
    140人がナイス!しています
  • 女流作家とは思えない、事件の裏側を抉り取る展開や過激なバイオレンス描写で、息詰まるミステリーを描く、柚木作品。その原点となったデビュー作。知的障害者更生施設で起きた少女の自殺事件の謎を巡って、少女が慕 女流作家とは思えない、事件の裏側を抉り取る展開や過激なバイオレンス描写で、息詰まるミステリーを描く、柚木作品。その原点となったデビュー作。知的障害者更生施設で起きた少女の自殺事件の謎を巡って、少女が慕っていた特殊能力を持つ司と司の臨床心理を担当した美帆が、真相に迫っていく。強引な正義感を振り翳し、突き進んでいく美帆の言動は、行き過ぎでリアルさに欠くが、その調査で見え隠れしてきたのは、権力者どもの醜い欲望の実態。しかし、そこで終わらず、更に醜悪な犯人に辿り着く展開と描写こそが、柚木作品の醍醐味なのだろう。 …続きを読む
    bunmei
    2021年01月12日
    111人がナイス!しています
  • 大好きな柚月裕子さんのデビュー作とのことで楽しみに読み始めた。失語症で精神的な病気で施設にいた彩という少女が自殺したところから、同じ施設で彩と深い絆で結ばれ、言葉に色が見えるという特殊能力を持つ少年の 大好きな柚月裕子さんのデビュー作とのことで楽しみに読み始めた。失語症で精神的な病気で施設にいた彩という少女が自殺したところから、同じ施設で彩と深い絆で結ばれ、言葉に色が見えるという特殊能力を持つ少年の司と新人臨床心理士の美帆が彩の自殺の原因を追うミステリー。その後の柚月作品に比べ、精神疾患の患者や施設の描写や性的な表現などデビュー作なのにかなり攻めている印象。後半の謎が明かされるときのヒリヒリ感もその後のシリーズ作品などには余り無く、純粋に楽しめた。 …続きを読む
    小説を最初に書いた人にありがとう
    2020年03月22日
    105人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品