薫風ただなか 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

薫風ただなか

  • 著者 あさの あつこ
  • イラスト 丹地 陽子
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

抗ってみせる。ここに在る、志も心も、命も。きっと守り通して見せる。

江戸時代中期、十五万石を超える富裕な石久藩。上士の息子でありながら、鳥羽新吾は藩校から郷校「薫風館」に転学する。母からは強く反対されたが、毎日仲間たちと切磋琢磨しつつ青春を謳歌していた。かつて通った藩校は家格で全ての順列が決まる息苦しい場所だった。ある日、気の強い母を厭い落合町の妾の家に暮らす父が久しぶりに家に戻ってきた。新吾と二人きりになると「薫風館」を探る間者になれと新吾に命じる。「薫風館」の教授陣の中に、藩主の暗殺に関わる陰謀があるという。それは新吾の仲間たちまでも巻き込む嵐の前触れだった!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「薫風ただなか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  •  あさのさんの若武者は、いつだって瑞々しい。体の成長に内面が追い付かず、周囲からの期待に応えようと悪戦苦闘する。理不尽に憤り、自分の未熟さに心が揺れる。若竹がしなやかに伸びる様は何度でも見たい。  あさのさんの若武者は、いつだって瑞々しい。体の成長に内面が追い付かず、周囲からの期待に応えようと悪戦苦闘する。理不尽に憤り、自分の未熟さに心が揺れる。若竹がしなやかに伸びる様は何度でも見たい。
    はるき
    2019年08月13日
    30人がナイス!しています
  • 「何より人は人によって変わる。これ、すなわち人の真理なり。おもしろい。そして、深い…何という生き物だろう」…(245頁) 「何より人は人によって変わる。これ、すなわち人の真理なり。おもしろい。そして、深い…何という生き物だろう」…(245頁)
    PAO
    2022年05月13日
    12人がナイス!しています
  • 上士の子息が通う藩校で嫌な目にあった新吾は庶民も通う郷校・薫風館に籍を移す。そこでは自由な気風の中、信頼できる仲間も出来て心の傷も癒えていくが、ある日父からその薫風館に関わるとんでもない指令を受ける。 上士の子息が通う藩校で嫌な目にあった新吾は庶民も通う郷校・薫風館に籍を移す。そこでは自由な気風の中、信頼できる仲間も出来て心の傷も癒えていくが、ある日父からその薫風館に関わるとんでもない指令を受ける。大人の世界のいやらしい物事に爽やかな若者たちが異を唱える話。現代でならそうでもないけどお侍の時代だと命がけだな。やっぱよく切れる刃物を持った人が大手を振って闊歩してる世界は怖いわ。少年たちの友情も良かったけど、話が進むに従って新吾の御母堂の評価がうなぎのぼりに上昇していく。これは正調のツンデレってやつですね。 …続きを読む
    あかつや
    2022年07月30日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品