角川ソフィア文庫

感ビジネス 千夜千冊エディション

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。

発売日:
2019年02月23日
商品形態:
電子書籍
感ビジネス 千夜千冊エディション 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

感ビジネス 千夜千冊エディション

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。

  • 著者 松岡 正剛
発売日:
2019年02月23日
商品形態:
電子書籍

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。

第一章急に変わってきた
ブッ シュ&ス トーン『ぼくがジョ ブズに教えたこと』
ウィリアム・パ ウンドス トーン『ビル・ゲイツの面接試験』
トー マス・フリードマン『フラ ット化する世界』
デイビス&マイヤー『イ ンターネ ット資本論』
カ レン・フェ ラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です』
ニコ・メ レ『ビッグの終焉』
佐々木紀彦『5年後、メディアは稼げるか』
近藤大介『中国模式の衝撃』

第二章合理的な愚か者たち
アマルティア・セ ン『合理的な愚か者』
ダン・アリエリー『予想どおりに不合理』
レナード・ム ロディナウ『たまたま』
ナシー ム・ニコラ ス・タ レブ『ブラッ ク・スワン』
田渕直也『確率論的思考』
ジ ョン・グ レイ『グローバリズムという妄想』

第三章日本人と会社
岡崎哲二『江戸の市場経済』
石田梅岩『都鄙問答』
三上隆三『円の誕生』
加来耕三『日本創業者列伝』
佐野眞一『巨怪伝』
鈴木治雄対談集『昭和と いう時代』
城山三郎『もう、きみには頼まな い』
本田宗一郎『俺の考え』
福原義春『猫と小石とディアギ レフ』
金井寿宏『ニューウェー ブ・マネジ メント』

第四章消費と社会の間
パ トリ ッ ク・ブラ ントリ ンガー『パンとサーカス』
ボードリヤー ル『消費社会の神話と構造』
エ マ ニ ュ エ ル・ト ッド『経済幻想』
渡部亮『アングロサクソン・モデルの本質』
原丈人『新し い資本主義』
岩井克人『会社はこれからどうなるのか』

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「感ビジネス 千夜千冊エディション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松岡さん8冊目はおもに経済・ビジネス関連の書物を集めたようです。最初の章はジョブスやビル・ゲイツなど最近の変革の影響などを、次は確率論的な動向をあつかったものです。3章めは日本人と企業との関連を描いた 松岡さん8冊目はおもに経済・ビジネス関連の書物を集めたようです。最初の章はジョブスやビル・ゲイツなど最近の変革の影響などを、次は確率論的な動向をあつかったものです。3章めは日本人と企業との関連を描いたもので、最後は消費と社会の間ということをあつかった書物について論じられています。私はやはりなじみがあるのは最後の二つでかなり読んだものもあって松岡さんの書評の方法が参考になりました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年03月22日
    97人がナイス!しています
  • ブックガイドの体裁をとった芋づる式社会時評と解したい。博識と見識。世界の見方と知識がぎゅうぎゅうに詰まってる。オーバーに持ち上げるなら、自分の知ってた世界は「平面」だったなと思わせられる(何もない/意 ブックガイドの体裁をとった芋づる式社会時評と解したい。博識と見識。世界の見方と知識がぎゅうぎゅうに詰まってる。オーバーに持ち上げるなら、自分の知ってた世界は「平面」だったなと思わせられる(何もない/意識もしなかった時空間に前後縦横ビッシリと意味の文字列が立ち現れる感じ)。◉かといって、面倒な読み物ではなく。膨大な情報を吟味し美味しく調理した、まさに「編集」力を見せつける大仕事。 …続きを読む
    アナクマ
    2019年04月19日
    25人がナイス!しています
  • ビジネスに関する分野は一番苦手なので、紹介されている本の中では一冊しか読んでいなかった。何冊か興味をひかれたので読んでみたい。 ビジネスに関する分野は一番苦手なので、紹介されている本の中では一冊しか読んでいなかった。何冊か興味をひかれたので読んでみたい。
    Akito Yoshiue
    2019年03月13日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品