角川新書

知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040822808
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本

  • 著者 池上 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040822808

「新しい冷戦」の時代に入った世界を読み解く。池上ニュース解説の決定版

米中衝突!! 新・冷戦時代へ 
転機を迎える世界と日本を読み解く、池上ニュース解説の決定版。

混迷の度合いを深める世界。
大国間での「自国ファースト」のぶつかり合いをはじめ、
テロや紛争、他民族を排斥する動き、環境問題、貧困問題等々……課題は山積み。
この「転機」の時代に世界はどこへ向かおうとしているのか――。
未来を拓くために、いまこそ歴史に学び、世界が抱える大問題を知る必要がある。
2009年の第1弾の発売から今回で10作目。
シリーズ累計186万部突破、信頼の「池上解説」最新第10弾。

もくじ

プロローグ 「転機」を迎える世界と日本
第1章 居座るトランプ「アメリカ・ファースト」主義 
第2章 揺らぐヨーロッパ、EUは夢だったのか
第3章 サウジの焦り、したたかイラン、イスラム世界のいま
第4章 習近平の1強政治
第5章 AIとグローバル化の波に翻弄される私たち
第6章 憲政史上最長政権へ。安倍政権は日本をどこへ?
エピローグ 民主主義とは何か
おわりに
私の情報収集術~私が得る1次情報は新聞

メディアミックス情報

NEWS

「知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズもついに10冊目。ついに動き出すかと思われていた米朝交渉は停滞して全く進展がない。むしろ今は米中貿易摩擦とイランの核合意破棄に注目が集まっている。米 ★★★☆☆「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズもついに10冊目。ついに動き出すかと思われていた米朝交渉は停滞して全く進展がない。むしろ今は米中貿易摩擦とイランの核合意破棄に注目が集まっている。米中貿易摩擦の長期化は日本経済にも打撃を与えているが、安倍政権には消費税増税を変える素振りもない。過去最悪の日韓関係。ウォン安とアメリカの信頼低下にあえぐ韓国は今後どうするのか。そして、EU離脱日を延長したイギリスは本当にEUを離脱してしまうのか。今年も国際関係に目が離せない。 …続きを読む
    来未
    2019年06月10日
    19人がナイス!しています
  • 毎回このシリーズ読んでるけど宗教関連に馴染みがないせいか中東問題なかなか覚えられず。。キャッシュレス、メリットとしては紙幣刷らなくて済むことかと思いきや新紙幣を作るという。確かに矛盾。池上さんの思うA 毎回このシリーズ読んでるけど宗教関連に馴染みがないせいか中東問題なかなか覚えられず。。キャッシュレス、メリットとしては紙幣刷らなくて済むことかと思いきや新紙幣を作るという。確かに矛盾。池上さんの思うAIの欠点。今年は日本もアメリカも選挙イヤー!この前原宿で選挙に行こうデモやっててびっくり。 …続きを読む
    お茶子
    2019年06月13日
    10人がナイス!しています
  • のっけから読者諸氏による鋭利なツッコミが予想される。…「6月10日発行の書籍評論をわずか2日であげてくるとは相変わらず暇をこじらせているようだな」「図書館で借りずに書店で購入とはどうゆう風の吹き回しだ のっけから読者諸氏による鋭利なツッコミが予想される。…「6月10日発行の書籍評論をわずか2日であげてくるとは相変わらず暇をこじらせているようだな」「図書館で借りずに書店で購入とはどうゆう風の吹き回しだ?ついに借金を踏み倒したのか?」「そこまでして書評一番乗りで目立ちたいのか?虚栄心だけは日本代表級だな」「おい!ナイス数に軽減税率が一足早く適応されているぞ(笑)」「北のミサイル発射にアメリカが抑制的なのは、二正面作戦を回避してイラン戦争をおっぱじめる前触れなのではないのか?」…全部正解!読者諸氏にあっぱれ! …続きを読む
    hk
    2019年06月12日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品