知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本

知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月08日
商品形態:
電子書籍

知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本

  • 著者 池上 彰
発売日:
2019年06月08日
商品形態:
電子書籍

世界のニュース入門の定番。人気シリーズ第10弾!

人気シリーズ第10弾。日本では平成から令和へと新しい時代に移る。しかし、先行き不透明で内向きになっている世界。今こそ歴史に学び、未来を拓くために世界が抱える大問題を知る必要がある。そのための解説本。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人気シリーズも遂に10巻。ニュースを毎日チェックしていれば網羅できている内容だが、著者の解説や豆知識などが盛り込まれているので読み進め易いのは相変わらず。安倍政権に辛口な部分もいつも通り。国民が政権を 人気シリーズも遂に10巻。ニュースを毎日チェックしていれば網羅できている内容だが、著者の解説や豆知識などが盛り込まれているので読み進め易いのは相変わらず。安倍政権に辛口な部分もいつも通り。国民が政権をチェックする重要さを毎回再認識させてくれる。次巻までに世界は日本はどう変わるのか。 …続きを読む
    岡本
    2019年06月26日
    104人がナイス!しています
  • 民主主義の優越を信じて疑うこともありませんでした。確かに中国が経済的に成功すればいつか民主化されるだろうと漠然と考えていました。しかし、中国はみごとに皆の裏をかきリープフロッグで一躍技術的に先端に躍り 民主主義の優越を信じて疑うこともありませんでした。確かに中国が経済的に成功すればいつか民主化されるだろうと漠然と考えていました。しかし、中国はみごとに皆の裏をかきリープフロッグで一躍技術的に先端に躍り出た。オーウェルの1984を地でいくような監視社会が良い訳がない。今またマルクスが研究されているという。マルクスが想像していた究極の資本主義は間もなく実現するかもしれない。人類はもうすぐ生産という呪縛から開放される。そのときにまた、私達は人生における価値を問われるのである。 …続きを読む
    アベシ
    2019年07月08日
    35人がナイス!しています
  • G20大阪サミットがお恥ずかしいながらあまりピンとこなくてアマゾンで「ポチ」とダウンロードして読みました。アメリカとイスラエル、イラン、サウジ、UAEの事情。トランプがなぜメキシコ国境のこだわるのか、 G20大阪サミットがお恥ずかしいながらあまりピンとこなくてアマゾンで「ポチ」とダウンロードして読みました。アメリカとイスラエル、イラン、サウジ、UAEの事情。トランプがなぜメキシコ国境のこだわるのか、中国、ロシア、北朝鮮の立場。ニュースの背景を知ると悩ましく思えることだらけ。これからどう展開していくのだろう。新鮮な情報なので今がおすすめです。 …続きを読む
    Koji Yoshida
    2019年07月02日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品