知らないと恥をかく世界の大問題14 大衝突の時代――加速する分断

知らないと恥をかく世界の大問題14 大衝突の時代――加速する分断

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年06月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040824611
label

知らないと恥をかく世界の大問題14 大衝突の時代――加速する分断

  • 著者 池上 彰
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年06月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040824611

長引くウクライナ戦争。分断がさらに進む世界。リーダーの次なる一手は?

2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、新しい局面に突入した世界。分断が加速し、対立が深まる中、世界のリーダーはどう動くのか? ロシアと隣接するヨーロッパNATO諸国の対立、覇権争いや台湾をめぐり対立する米中関係、新たなグローバル・サウスの動きなど。世界、そして日本が抱える大問題を、歴史的な背景を交えながらわかりやすく解説していく池上彰の人気新書「知ら恥」シリーズ最新第14弾。大転換の時代に欠かせないニュース解説本だ。 2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、新しい局面に突入した世界。分断が加速し、対立が深まる中、世界のリーダーはどう動くのか? ロシアと隣接するヨーロッパNATO諸国の対立、覇権争いや台湾をめぐり対立する米中関係、新たなグローバル・サウスの動きなど。世界、そして日本が抱える大問題を、歴史的な背景を交えながらわかりやすく解説していく池上彰の人気新書「知ら恥」シリーズ最新第14弾。大転換の時代に欠かせないニュース解説本だ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ 分断がさらに進む世界 
第1章 「左右上下」に分断されたアメリカ
第2章 「ならず者国家」ロシアをどうする
第3章 欧米にそっぽを向く中東
第4章 中国の斜陽、インドの台頭
第5章 激戦の行方、各国の思惑 
第6章 岸田政治は「ショック・ドクトリン」か?
エピローグ グローバル・サウスの逆襲 
おわりに 

同じシリーズの作品

「知らないと恥をかく世界の大問題14 大衝突の時代――加速する分断」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一年を振り返る定番のシリーズも14巻目。最近池上さんの本はこのシリーズしか読んでいない気がするが、定期的に時事ネタを纏めてくれるので有り難い。終わらないウクライナ戦争、安倍首相暗殺、エネルギー危機に食料 一年を振り返る定番のシリーズも14巻目。最近池上さんの本はこのシリーズしか読んでいない気がするが、定期的に時事ネタを纏めてくれるので有り難い。終わらないウクライナ戦争、安倍首相暗殺、エネルギー危機に食料危機と前巻よりも混迷とする世の中。自民党には手厳しい池上さんだが、今回は野党の話は全く出てこず、流石に呆れているのだろうか。 …続きを読む
    岡本
    2023年07月22日
    96人がナイス!しています
  • 2023年6月。相変わらずわかりやすい。アンチ池上さんの人々は当然このくらいの知識は網羅してるはずだよね■ChatGPT、間違いもあるので鵜呑みは危険、使う側のリテラシーが問われる■習近平は孫子の兵法にある「戦わず 2023年6月。相変わらずわかりやすい。アンチ池上さんの人々は当然このくらいの知識は網羅してるはずだよね■ChatGPT、間違いもあるので鵜呑みは危険、使う側のリテラシーが問われる■習近平は孫子の兵法にある「戦わずして勝つ」という戦略を持っているのでは■円安で日本は本当に貧しい国になってしまったと実感■米国には全国紙が存在せず、全国放送局もない。大統領や中間選挙の事前予測が必ずしも当たらない理由はこういうところにもある(続く) …続きを読む
    2023年07月12日
    46人がナイス!しています
  • 待望の知ら恥14。これを読むために昨年一気に13まで読んだと言っても過言ではない。重複もあるけど、だから理解できるのがこのシリーズの醍醐味。今回はウ露問題、注目の印度、グローバルサウス、統一教会が厚め。お 待望の知ら恥14。これを読むために昨年一気に13まで読んだと言っても過言ではない。重複もあるけど、だから理解できるのがこのシリーズの醍醐味。今回はウ露問題、注目の印度、グローバルサウス、統一教会が厚め。お馴染みのトランプも勿論登場。スリランカに頭上がらない話、グレゴリオ暦12/25とユリウス暦1/7の話、既出だがアラブの春唯一成功のチュニジアの話等…背景を知るうえで必要だが、メインからは少しそれるような話もわかり易く簡潔に説明してくれる。時々ジャーナリズムを強く見せるところも池上さんの好きなところ …続きを読む
    33 kouch
    2024年01月22日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品