世界のエリートが学んでいる 教養書必読100冊を1冊にまとめてみた

世界のエリートが学んでいる 教養書必読100冊を1冊にまとめてみた

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年11月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
688
ISBN:
9784046055521

世界のエリートが学んでいる 教養書必読100冊を1冊にまとめてみた

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年11月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
688
ISBN:
9784046055521

ビジネスパーソン必携!教養・リベラルアーツの必読書100冊を1冊に凝縮

超大ボリューム688p(書籍版)の”鈍器本”が誕生!
累計100万部突破! 『MBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』シリーズ最新刊のテーマは教養=リベラルアーツ。

「ウクライナ戦争の原因とは何か?」「ビジネスの交渉がうまくいかないのはなぜか?」「意見が割れているチームをどうまとめればよいか?」
問題の本質を捉えるために必要なのが教養だ。私たちが日々遭遇する多くの問題は、知識や経験だけで考えても答えは出ない。
しかし、教養を身につければこれが変わる。教養とは過去の賢人たちが蓄積してきた膨大な知識の宝庫だ。だから教養を身につければ、見えなかった問題と対応策が見えてくる。逆に自分の経験と知識だけで考えるのは、完全武装した強大な敵と丸腰で戦うようなものだ。
では教養はどうすれば身につくか。それは名著を読むことだ。名著は賢人たちの知識の結晶だ。それらは「知的に面白く、かつ生きる上で役に立つ」からこそ、時代を超えて読み継がれてきたのである。(「はじめに」より)

リベラルアーツ(哲学、政治、経済、社会、文学、宗教、東洋思想、アート、歴史、数学、サイエンス、テクノロジー)を網羅。
誰でも明日の仕事や人生に生かせるように解説するのが本書オリジナルポイント。

紹介する本も100冊! プラトン『ソクラテスの弁明』からマックス・ウェーバー『プロ倫』、世阿弥『風姿花伝』、ダーウィン『種の起源』、アインシュタイン『相対性理論』といった古典から『ビーイングデジタル』など最新書までを網羅※100冊の書目はカバー画像エリア、試し読みの目次に掲載

社会やビジネスの前提が根底から変わるVUCAの時代に必要な「100の叡智」が一気に手に入る。
頭のいい人がもっている「深く考える」力が身につく1冊。
超大ボリューム688p(書籍版)の”鈍器本”が誕生!
累計100万部突破! 『MBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』シリーズ最新刊のテーマは教養=リベラルアーツ。

「ウクライナ戦争の原因とは何か?」「ビジネスの交渉がうまくいかないのはなぜか?」「意見が割れているチームをどうまとめればよいか?」
問題の本質を捉えるために必要なのが教養だ。私たちが日々遭遇する多くの問題は、知識や経験だけで考えても答えは出ない。
しかし、教養を身につければこれが変わる。教養とは過去の賢人たちが蓄積してきた膨大な知識の宝庫だ。だから教養を身につければ、見えなかった問題と対応策が見えてくる。逆に自分の経験と知識だけで考えるのは、完全武装した強大な敵と丸腰で戦うようなものだ。
では教養はどうすれば身につくか。それは名著を読むことだ。名著は賢人たちの知識の結晶だ。それらは「知的に面白く、かつ生きる上で役に立つ」からこそ、時代を超えて読み継がれてきたのである。(「はじめに」より)

リベラルアーツ(哲学、政治、経済、社会、文学、宗教、東洋思想、アート、歴史、数学、サイエンス、テクノロジー)を網羅。
誰でも明日の仕事や人生に生かせるように解説するのが本書オリジナルポイント。

紹介する本も100冊! プラトン『ソクラテスの弁明』からマックス・ウェーバー『プロ倫』、世阿弥『風姿花伝』、ダーウィン『種の起源』、アインシュタイン『相対性理論』といった古典から『ビーイングデジタル』など最新書までを網羅※100冊の書目はカバー画像エリア、試し読みの目次に掲載

社会やビジネスの前提が根底から変わるVUCAの時代に必要な「100の叡智」が一気に手に入る。
頭のいい人がもっている「深く考える」力が身につく1冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章 西洋哲学
『ソクラテスの弁明』、『キリスト者の自由』ルター、『方法序説』デカルト、『純粋理性批判』カント、『ツァラトゥストラはこう言った』ニーチェ、『精神分析学入門』フロイト、『存在と時間』ハイデガー、『論理哲学論考』ヴィトゲンシュタイン、『自由からの逃走』フロム、『夜と霧』フランクル、『監獄の誕生』フーコー、『なぜ世界は存在しないのか』マルクス・ガブリエル、ほか

第2章 政治・経済・社会学
『政治学』アリストテレス、『統治二論』ロック、『社会契約論』ルソー、『自由論』ミル、『国富論』アダム・スミス、『資本論』マルクス、『雇用、利子、お金の一般理論』ケインズ、『資本主義と自由』フリードマン、『消費社会の神話と構造』ボードリヤール、『歴史の終わり』フランシス・フクヤマ、『正義のアイデア』セン、ほか

第3章 東洋思想
『論語』孔子、『老子、『ブッダの真理のことば・感興のことば』ゴータマ・シッダッタ、『十七条憲法』聖徳太子、『古事記』天武天皇、『正法眼蔵』道元、『『歎異抄』親鸞、『五輪書』宮本武蔵
、『武士道』新渡戸稲造、『論語と算盤』渋沢栄一、『日本的霊性』鈴木大拙、『日本の思想』丸山眞男、『ガンディー 獄中からの手紙』、『抗日遊撃戦争論』毛沢東、ほか

第4章 歴史、アート、文学
『歴史とは何か』カー、『文明の生態史観』梅棹忠夫、『マッキンダーの地政学』、『銃・病原菌・鉄』ジャレド・ダイアモンド、『文明の衝突』ハンチントン、『サピエンス全史』ハラリ、『アート・スピリット』、『風姿花伝』世阿弥、『茶の本』岡倉天心、『ディスタンクシオン』ブルデュー、『ファウスト』ゲーテ、『罪と罰』ドストエフスキー、ほか

第5章 サイエンス
『種の起源』ダーウィン、『ソロモンの指環』ローレンツ、『利己的な遺伝子』ドーキンス、『ロウソクの科学』ファラデー、『相対性理論』アインシュタイン、『エレガントな宇宙』グリーン、『時間は存在しない』ロヴェッリ、『科学と仮説』ポアンカレ、『科学革命の構造』トーマス・クーン、『二つの文化と科学革命』スノー、ほか


第6章 数学・エンジニアリング
『数学序説』吉田洋一/赤攝也、『統計でウソをつく法』ハフ、『いかにして問題をとくか』ポリア、『素数に憑かれた人たち』ダービーシャー、『因果推論の科学』ジューディア・パール、『ビーイング・デジタル』ネグロポンテ、『テクノロジーとイノベーション』アーサー、『AI 2041』カイフー・リー/チェン・チウファン、『CRISPR』ジェニファー・ダウドナ/サミュエル・スターンバーグ

「世界のエリートが学んでいる 教養書必読100冊を1冊にまとめてみた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 隙間時間の学習に最適かつなかなかまとまってて面白い。恥ずかしながら読んだことがあるのはサピエンス全史のみ。他の本をこれからの人生をかけてゆっくり読んでいきたい。 隙間時間の学習に最適かつなかなかまとまってて面白い。恥ずかしながら読んだことがあるのはサピエンス全史のみ。他の本をこれからの人生をかけてゆっくり読んでいきたい。
    Yasu
    2024年02月02日
    5人がナイス!しています
  • ざっくりまとめで、このボリューム。挫折本が多い…高校の課題本がサイエンス分野の半数、もうちょっと勉強していたらと思わずにはいられない。再読するか、ピックアップして挫折本に再挑戦か。 ざっくりまとめで、このボリューム。挫折本が多い…高校の課題本がサイエンス分野の半数、もうちょっと勉強していたらと思わずにはいられない。再読するか、ピックアップして挫折本に再挑戦か。
    skr-shower
    2024年03月13日
    4人がナイス!しています
  • 本書の使い方に反するようではあるが、教養のなさを痛感していたため、頭から読んだ。 名著のエッセンスが絞り込まれている一方で、著者の経験談も添えられており、古き名著の内容は現代においても活用できるものが 本書の使い方に反するようではあるが、教養のなさを痛感していたため、頭から読んだ。 名著のエッセンスが絞り込まれている一方で、著者の経験談も添えられており、古き名著の内容は現代においても活用できるものが数多くあることを学べた。 特に哲学的な面では、日頃考えていることを解く鍵になるような情報も載っており、世界が豊かになった感覚が既にある。 情報量が非常に多い本であることから、定期的に読み返し、自分の中で情報が陳腐化しないようにしていきたいと思う。 …続きを読む
    Kai
    2024年02月06日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品