春画 SHUNGA ジャパノロジー・コレクション

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784044004323

春画 SHUNGA ジャパノロジー・コレクション

  • 著者 早川 聞多
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784044004323

百点超の傑作をオールカラーで堪能!春画の多彩な世界と驚異の技術に迫る。

秘して見るのではなく笑って愉しむ。「春画」は一流の浮世絵師と刷師によるユーモアと技術の結晶だった。初期作品から江戸時代の傑作まで、「浮世絵春画」「肉筆春画」を多彩なテーマで紹介する春画入門!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「春画 SHUNGA ジャパノロジー・コレクション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 永らくタブーとされていた春画。しかし、紐解いていくと卑猥さを超えたものが見えてくる。たしかに、エグい程卑猥なものもあるが、浮世絵師の表現や細部までのこだわり、絵から見えてくる背景、それら全てが“美”で 永らくタブーとされていた春画。しかし、紐解いていくと卑猥さを超えたものが見えてくる。たしかに、エグい程卑猥なものもあるが、浮世絵師の表現や細部までのこだわり、絵から見えてくる背景、それら全てが“美”であり、“文化”なことに気付く。時代と共に性の媒体も、春画から写真に代わり、DVDやオンデマンドと変移していった。人の文化には性と深く関わりがあることから、巻末にもあるように時代の流れと共に人間の性についての考え方を再考する時期にあるのかもしれない。 …続きを読む
    Colour25
    2020年04月28日
    6人がナイス!しています
  • 本屋さんで思わず手に取ってしまった本。 最近は「春画展」も大盛況というし。 ちゃんと春画を見たことなかったので、本を開いて、おぉ!となってしまう。色々な構図や場面、様々な作者の作品、版画の手法。なかな 本屋さんで思わず手に取ってしまった本。 最近は「春画展」も大盛況というし。 ちゃんと春画を見たことなかったので、本を開いて、おぉ!となってしまう。色々な構図や場面、様々な作者の作品、版画の手法。なかなか興味深く、面白い。今も昔も、いや人間が存在した時代全てにおいて「性」というものがあるのだから、春画が発展したのも頷ける。今は写真や動画で生々しく「性」が見えるから隠そうとしてしまうのか。春画が流行った時代は今よりも「性」におおらかだな。ちょっと羨ましい。 …続きを読む
    takegen
    2019年04月02日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品