角川つばさ文庫

四つ子ぐらし(2) 三つ子探偵、一花ちゃんを追う!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046318411
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

四つ子ぐらし(2) 三つ子探偵、一花ちゃんを追う!

  • 作 ひの ひまり
  • 絵 佐倉 おりこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046318411

あの一花ちゃんに、かくしごと!? いもうと三人で、尾行開始!

私、三風。
12歳までひとりぼっちだったんだけど、この前四つ子だったことがわかって、今は一軒家で四人暮らしをしてるんだ! 
四姉妹の生活は、にぎやかで本当にすてき!!!!
でも……なんだか最近、姉妹いちばんのしっかり者、長女・一花ちゃんの様子が変なの。
突然家を飛び出したり、怒り出したり――何か悩んでいるみたい。
わけをきいても教えてくれないし、心配になった私たち妹3人は、どこかへ出かける一花ちゃんをこっそり尾行することに???

みんな同じでみんな違う! キュートな姉妹生活第二巻!

【第6回角川つばさ文庫小説賞特別賞受賞】


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「四つ子ぐらし(2) 三つ子探偵、一花ちゃんを追う!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ひのひまりさんの「四つ子ぐらし」の第2巻。一花、二鳥、三風、四月という別々の境遇で育った四つ子が共同生活を送るお話。前巻では主人公の三風、そして四女の四月についてのお話でしたが、本巻ではみんなの頼れる ひのひまりさんの「四つ子ぐらし」の第2巻。一花、二鳥、三風、四月という別々の境遇で育った四つ子が共同生活を送るお話。前巻では主人公の三風、そして四女の四月についてのお話でしたが、本巻ではみんなの頼れるお姉ちゃん一花の過去が明らかになります。自称母は毎回ラストに登場するのがお約束になるのかな。そして佐倉おりこさんのイラストが今回もかわいい。四月の小学生制服ver.ヤバイ。次巻は二鳥かと思ったけど、学校回なの!? …続きを読む
    いりあ
    2019年02月24日
    7人がナイス!しています
  • 児童向けなのでストーリーも文章もひたすらイージー、特に文章には味わいのようなものが感じられず大人には物足りなくも思えるのですが、ストーリーがすすむにつれそんなことは気にならなくなります。四つ子の生い立 児童向けなのでストーリーも文章もひたすらイージー、特に文章には味わいのようなものが感じられず大人には物足りなくも思えるのですが、ストーリーがすすむにつれそんなことは気にならなくなります。四つ子の生い立ちに関わるディテールはなるほどと納得させられますし、一花の過去が明らかになるシーンや、四つ子と麗さんの対決シーンなど、物語の色彩が一瞬で変わるような切れ味はまさに爽快、まさに痛快。四つ子が自力で生きる道を開いていく様に心が躍ります。ほっこりとさせるようなラストの〆方もうれしいですね。★★★★☆ …続きを読む
    びぜんや
    2019年03月03日
    6人がナイス!しています
  • 今作は一花の過去と麗再び、の二大事件かと思ってたけど、一本の太い幹だった。一花の過去が露わになったことには、必然性があった。結局麗の話の大筋は嘘だったわけで、四人の母親に同情できない気持ちは一巻と変わ 今作は一花の過去と麗再び、の二大事件かと思ってたけど、一本の太い幹だった。一花の過去が露わになったことには、必然性があった。結局麗の話の大筋は嘘だったわけで、四人の母親に同情できない気持ちは一巻と変わっていない。四月ちゃんが嘘を見破ってくれたおかげで、妙な女性に情けをかけずに済んだ。 家族だから一緒にいるべきっていう前提は理解できないけど、四人を懐柔しようとした、つまり子供を対等な存在として認識していない、見下しているその態度が気に入らなかった。 …続きを読む
    林檎の葉
    2019年04月17日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品