四つ子ぐらし(4) 再会の遊園地

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月12日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
216
ISBN:
9784046319067

四つ子ぐらし(4) 再会の遊園地

  • 作 ひの ひまり
  • 絵 佐倉 おりこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月12日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
216
ISBN:
9784046319067

二鳥ちゃん、しょうげきの事実がはっかく―――!!

宮美 三風(みやび みふ)です。
今日はみんなで遊園地にあそびにきてるの! 
だけどわたし、乗り物酔いでヘロヘロになっちゃって、今は1人で休憩してるんだ~。
そんなとき――。

「にとちゃん!」

小さな男の子が、私に話しかけてきたの。
どうやら私のこと、自分の"お姉さん"と見まちがえてるみたいなんだけど……ん? 
にと…ってことはまさか、この男の子、に、に、二鳥ちゃんの弟~~!?
 
しかもその子の口から、思いもしない言葉がとびだして!? 


楽しい休日に波乱の予感! 
教えて二鳥ちゃん、過去に一体何があったの!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「四つ子ぐらし(4) 再会の遊園地」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回は遊園地編。四つ子たちの快活さをベースに、仄かなロマンス要素や謎解き要素をテンポよく投げ込んできて、あっという間に作者のペースに持ち込む巧みさは相変わらず。中盤をたっぷり使い、ラストにぐいぐい盛り 今回は遊園地編。四つ子たちの快活さをベースに、仄かなロマンス要素や謎解き要素をテンポよく投げ込んできて、あっという間に作者のペースに持ち込む巧みさは相変わらず。中盤をたっぷり使い、ラストにぐいぐい盛り上げてくる手際も相変わらずで、尺以上の充実感があります。ラストの胸を締め付けるような展開はメイン読者層の胸にしっかり突き刺さるでしょうし、大人が読んでも苦く哀しく感じられるもの。ラスト、「二鳥姉さんは、本当に強い人だ」という四月の言葉が効いてますね。見かけによらぬ手応えに満足、5つ星。★★★★★ …続きを読む
    びぜんや
    2019年10月21日
    3人がナイス!しています
  • お待ちかね二鳥ちゃん回。現時点でシリーズ中一番面白かった。好きですね。皆で仲良く楽しいだけの遊園地回とは問屋が卸さず、養子であったはずの次女・二鳥がなぜ中学生自立練習計画に参加するのかが明かされる。明 お待ちかね二鳥ちゃん回。現時点でシリーズ中一番面白かった。好きですね。皆で仲良く楽しいだけの遊園地回とは問屋が卸さず、養子であったはずの次女・二鳥がなぜ中学生自立練習計画に参加するのかが明かされる。明るく優しい作風とは裏腹に、ほんのり香る薄暗さは今作も健在。というかちょっと想像以上だった。養親子の結末は、対象年齢である子供たちにも強く印象に残るのではないだろうか。二鳥ちゃんの優しさと強さに感服。ところで、三風ちゃんと湊くんは終始微笑しく、今後を是非応援したい。 …続きを読む
    ほおずき
    2019年10月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品