角川つばさ文庫

四つ子ぐらし(1) ひみつの姉妹生活、スタート!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046318404
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

四つ子ぐらし(1) ひみつの姉妹生活、スタート!

  • 作 ひの ひまり
  • 絵 佐倉 おりこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046318404

ひとりぼっちだと思ってた私……、実は四つ子だった!?

私、宮美(みやび)三風(みふ)。
両親も親戚もいなくって、ひとりぼっちの小学校6年生……だと、12年間ずっと思っていたのに!
なんとある日、四つ子だったことがわかったの!!!!
顔も声もまったく同じ女の子、 一花ちゃん、二鳥ちゃん、四月ちゃん。
それぞれ別の場所で孤独に育った私たちは、これから四人、一つ屋根の下で暮らすことになった。だけど、四つ子だけの生活は、大混乱! 
その上、育ってきた環境の違いが思わぬすれ違いを生んで…?
みんな同じで、みんな違う! キュートな姉妹生活、始まります!

第6回角川つばさ文庫小説賞【特別賞】受賞!


メディアミックス情報

NEWS

「四つ子ぐらし(1) ひみつの姉妹生活、スタート!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 施設で育った三風は、中学生自立計画に参加し集団生活をすることに。しかもそこに集まったのは、赤ん坊の頃に離れ離れになっていたという三風の四つ子の姉妹達だった。里親の元で育ったり養子になっていたりと、様々 施設で育った三風は、中学生自立計画に参加し集団生活をすることに。しかもそこに集まったのは、赤ん坊の頃に離れ離れになっていたという三風の四つ子の姉妹達だった。里親の元で育ったり養子になっていたりと、様々な境遇で育った、性格はバラバラ、見た目はそっくりの四つ子達は、なんとか家族としての生活をスタートさせる。けれど、末っ子の四月がなかなか心を開いてくれず…。胡散臭い大人しか出てこない、子どもだけの生活というとワクワクもするが、生活の大変なことも出てきて、心身ともに生きぬくことを問われそうなシリーズ。 …続きを読む
    鳩羽
    2018年12月13日
    12人がナイス!しています
  • ひのひまりさんの「四つ子ぐらし」の第1巻。本作がデビュー作ということです。佐倉おりこさんのイラストが好きなので購入。一花、二鳥、三風、四月という別々の境遇で育った四つ子がひょんな事から一つ屋根の下で共 ひのひまりさんの「四つ子ぐらし」の第1巻。本作がデビュー作ということです。佐倉おりこさんのイラストが好きなので購入。一花、二鳥、三風、四月という別々の境遇で育った四つ子がひょんな事から一つ屋根の下で共同生活を送ることになるお話。三女の三風目線で物語は進行しますが、第1巻ということで4人がどんな子なのかの紹介と家族として結束するまでが描かれます。三風と四女の四月については多少過去が明かされていますが、長女の一花、次女の二鳥も何か事情を抱えているらしく続きが気になります。 …続きを読む
    いりあ
    2019年01月17日
    7人がナイス!しています
  • 離れ離れになっていた12歳の四つ子が四人暮らしをする話。三女、三風の一人称視点の柔らかな文体で進むので、子供(と括るのは問題だろうか?)でも読みやすいと思う。性格は違えど、皆優しく可愛らしい。今回は姉 離れ離れになっていた12歳の四つ子が四人暮らしをする話。三女、三風の一人称視点の柔らかな文体で進むので、子供(と括るのは問題だろうか?)でも読みやすいと思う。性格は違えど、皆優しく可愛らしい。今回は姉妹の出会いと四女、四月の心を開く話で、姉妹の優しさとちょっとした苦さがほろっと来る。しかし冒頭で出てきた企業がいかにも…。普段は児童書に手を出さないけれどもなかなか面白かった。今作で張られた伏線が続巻で綺麗に回収されるのを楽しみにしている。少なくともあと3冊はでるのかな? …続きを読む
    ほおずき
    2018年10月15日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品