夜のリフレーン

皆川博子が紡ぐ、妖艶かつ幻惑的な短編集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041072264
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

夜のリフレーン

皆川博子が紡ぐ、妖艶かつ幻惑的な短編集

  • 著者 皆川 博子
  • 編者 日下 三蔵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041072264

皆川博子が紡ぐ、妖艶かつ幻惑的な短編集

夫に執拗につきまとう女には驚くべき秘密 があった……(「恋人形」)ほか、福田隆義氏のイラスト、中川多理氏の人形と小説とのコラボレー ションも収録。著者が紡ぐ物語世界の凄みと奥深さを堪能できる24編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜のリフレーン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 24篇の短編。超短い短編もあるがページ数じゃない。そこにある不思議。哀しみもあるがざわりとするあれやこれ。寄せては返す波の様に私を離さない。生きている人間が一番怖いが、人形の話はちょっと苦手・・『蜘蛛 24篇の短編。超短い短編もあるがページ数じゃない。そこにある不思議。哀しみもあるがざわりとするあれやこれ。寄せては返す波の様に私を離さない。生きている人間が一番怖いが、人形の話はちょっと苦手・・『蜘蛛が踊る』のあぶら寺はどこにあるのだろう。私のそばにあるのかなぁ・・キャー! …続きを読む
    いつでも母さん
    2018年12月12日
    165人がナイス!しています
  • 昨夜読み終えて、すぐにレビューが書けなかった。読メを開いてレビューを書くという現実の世界に戻らないまま眠りたかった。読み友さん達のレビューが上がる度に気になっていた皆川博子さんを初読みして、この一冊で 昨夜読み終えて、すぐにレビューが書けなかった。読メを開いてレビューを書くという現実の世界に戻らないまま眠りたかった。読み友さん達のレビューが上がる度に気になっていた皆川博子さんを初読みして、この一冊ですっかり虜。短編でこれ…?一つ一つのお話を読み終える度に深呼吸するような思いだったのに。長編を読んだら物語の世界から帰って来られなくならないの?それでも次はもっと長い旅に出てみたいな。帰って来られなくてもいっかな。まりりん、ステキな本をステキなレビューで教えてくれて、どうもありがとう♡《初読み作家8/20》 …続きを読む
    みどり虫📚【バンビ画伯による期間限定アイコン】
    2019年03月07日
    149人がナイス!しています
  • 僅か280ページに24の短編。1ページで終える作品、長くとも30ページを超えることはない。けれどこの1冊に秘められた濃密な世界。500ページ超えの作品を読み切ったような感覚。41年前に発表された「スペ 僅か280ページに24の短編。1ページで終える作品、長くとも30ページを超えることはない。けれどこの1冊に秘められた濃密な世界。500ページ超えの作品を読み切ったような感覚。41年前に発表された「スペシャルメニュー」「夜、囚われて」当時どのように受け止められたのだろう。「夜明け」「恋人形」「踊り場」「笛塚」「妖瞳」「赤い鞋」「新吉、おまえの」「桑の木の下で」お気に入り作品には素直な感嘆と我が身の浅学を哀しく思えるほど。「恋人形」で愛する人形師の鏡から、気恥ずかしそうに、すまないように、笑いかける女の→続 …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2018年11月21日
    134人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品