うろこの家

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041893012

うろこの家

  • 著者 皆川 博子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041893012


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「うろこの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★ 濃密、濃厚。日本、中国、インド等東洋を舞台にした12話からなる妖奇譚集。やはり、皆川さんの紡ぐ言葉、文章は目眩がするほど美しい。桜、牡丹、藤、菖蒲…話のモチーフとなっている沢山の花の香りにむ ★★★★ 濃密、濃厚。日本、中国、インド等東洋を舞台にした12話からなる妖奇譚集。やはり、皆川さんの紡ぐ言葉、文章は目眩がするほど美しい。桜、牡丹、藤、菖蒲…話のモチーフとなっている沢山の花の香りにむせ返る。岡田さんの絵は付かず離れず寄り添って、更に美しく幻想的な世界を作り上げている。一話読む事にため息。どの話も素晴らしいが、「崖楼の珠」「朱鱗の家」「傀儡谷」「雙笛」「孔雀の獄」「籠蝶の歌」が特に好みだった。って半分も(笑)! これからもゆっくりじっくり、皆川さんの作品を読んでいきたい♪【図書館本】 …続きを読む
    ★Masako★
    2019年08月17日
    74人がナイス!しています
  • 鎌倉時代や江戸時代、琉球、中国、インド…と東洋を舞台にした幻想短篇集。各篇が花をモチーフにして官能的に美しい。艶やかさと読みやすさが両立し、しかも品下らないというのはこの著者ならでは。藤の咲き乱れる一 鎌倉時代や江戸時代、琉球、中国、インド…と東洋を舞台にした幻想短篇集。各篇が花をモチーフにして官能的に美しい。艶やかさと読みやすさが両立し、しかも品下らないというのはこの著者ならでは。藤の咲き乱れる一軒家に奇妙な鯉と住む魔性の女の表題作、主人の身代わりに処刑される少年を憐れむ菖蒲の花たちを描く第四話が特に好き。何重にもなった象牙の珠を彫る職人の第弐話は、台北の故宮博物館で見た同種の珠を思い出し、懐かしいと同時にこんな物語に仕上げる著者に舌を巻く。劇的独白が好きなので、これを用いた二編もいい。 …続きを読む
    kasim
    2018年03月30日
    26人がナイス!しています
  • 12話の短編集 昔話の怪談ようなホラー。  言葉のひとつひとつが難解で非常に疲れた。何度か読み直していくうちに、内容がわかってくる感覚。 岡田嘉夫さんの不気味で幻想的な絵が小説とよく合っていた。 12話の短編集 昔話の怪談ようなホラー。  言葉のひとつひとつが難解で非常に疲れた。何度か読み直していくうちに、内容がわかってくる感覚。 岡田嘉夫さんの不気味で幻想的な絵が小説とよく合っていた。
    ナチュラ
    2017年05月20日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品