角川文庫

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

「2960」。恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041071137
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

「2960」。恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――

  • 著者 大崎 善生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041071137

「2960」。恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――

2007年8月24日、深夜。名古屋の高級住宅街の一角に、一台の車が停まった。車内にいた3人の男は、帰宅中の磯谷利恵に道を聞く素振りで近づき、拉致、監禁、そして殺害。非道を働いた男たちは三日前、携帯電話の闇サイト「闇の職業安定所」を介して顔を合わせたばかりだった。車内で脅され、体を震わせながらも悪に対して毅然とした態度を示した利恵。彼女は命を賭して何を守ろうとし、何を遺したのか。「2960」の意味とは。利恵の生涯に寄り添いながら事件に迫る、慟哭のノンフィクション。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2007年におきた名古屋の闇サイト殺害事件を扱った作品。本作品は、被害女性の生い立ちから母、友人、恋人との関わりを大崎さんが取材してまとめたノンフィクション。事件がおきた当時も感じましたが、加害者達の 2007年におきた名古屋の闇サイト殺害事件を扱った作品。本作品は、被害女性の生い立ちから母、友人、恋人との関わりを大崎さんが取材してまとめたノンフィクション。事件がおきた当時も感じましたが、加害者達の残忍さが際立ちました。母に家を買ってあげるために貯金した被害女性はさぞかし無念であったでしょう。まさに2960の暗証番号をあの場面で加害者達に伝えた彼女の気持ちを考えるとやるせなさを強く感じました。恋人とは囲碁を通じて知り合い、いずれは結婚したであろう将来は儚くも消えてしまいました。非常に考えさせられました。 …続きを読む
    とし
    2019年04月01日
    11人がナイス!しています
  • ★★★★★ ★★★★★
    startvalue
    2019年04月11日
    0人がナイス!しています
  • 著者特有のくどい表現の多用は気になるが、この本が事件ノンフィクションの傑作であるのは間違いない。丁寧に掬い取られた被害女性の人生の記録。これを読んで涙が出ない人間は信用しない事にする。 著者特有のくどい表現の多用は気になるが、この本が事件ノンフィクションの傑作であるのは間違いない。丁寧に掬い取られた被害女性の人生の記録。これを読んで涙が出ない人間は信用しない事にする。
    カノープス
    2019年03月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品