いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041025222

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

  • 著者 大崎 善生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784041025222

小説家、ノンフィクション作家の顔を持つ著者でなければ書けなかった真実

「闇サイト」で集まった凶漢三人の犯行により命を落とした一人の女性がいた。彼女はなぜ殺されなくてはならなかったのか。そして何を残したのか。被害女性の生涯に寄り添いながら、事件に迫る長編ノンフィクション。

おすすめコメント

娘が遺した最後の言葉に、
ただただ胸がかきむしられる思いです。
――磯谷富美子

私にとって、この作品がひとつのピリオド。
『聖の青春』からはじまった作家人生は、
この物語を書くためだったのかもしれない。
これで終わっても、引退してもいいと思うほど書ききった。
――大崎善生

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 利恵さんご本人の無念さや計り知れない恐怖や激痛や絶望、お母様の想像もつかない苦悩を思うと、涙無くしては読めない。懸命に真面目に生きてきた被害者側が晒し者にされ翻弄され何重にも傷つけられ、人の心を欠片も 利恵さんご本人の無念さや計り知れない恐怖や激痛や絶望、お母様の想像もつかない苦悩を思うと、涙無くしては読めない。懸命に真面目に生きてきた被害者側が晒し者にされ翻弄され何重にも傷つけられ、人の心を欠片も持たぬ残虐な加害者が護られ未来を許されるという法の在り方にいつも憤りを覚える。\被害者が頑張ったから犯人たちはやむを得ず残虐化した、そしてこれは最初から残虐な殺し方をした犯行よりも罪が軽い…\暴行に遭いながらも殺されまいと最後まであらゆる知恵を駆使した被害者が悪者のようなこの手の弁護にはつくづく我慢ならない。 …続きを読む
    Miyuki Usa
    2016年12月21日
    130人がナイス!しています
  • 読友さんの感想で、この事件がこのような本になっていることを知った。泣き腫らした目と頭痛の読後です。10年前の8月のこの事件、あまりに短絡的思考の犯人達と残虐な殺害方法、そして最後まで諦めなかった利恵さ 読友さんの感想で、この事件がこのような本になっていることを知った。泣き腫らした目と頭痛の読後です。10年前の8月のこの事件、あまりに短絡的思考の犯人達と残虐な殺害方法、そして最後まで諦めなかった利恵さんの様子と、犯人達に告げた嘘の暗証番号2960(憎むわ)をずっと忘れられずにいます。時折、過去の残酷な事件などで取り上げられる事があると、改めてやりきれない悔しさにも襲われます。利恵さんの人生、せめて逃げずに読み終えました。改めて、合掌。どうか利恵さんのお母様や瀧さんが穏やかな日々を過ごせますように。 …続きを読む
    みどり虫
    2017年08月07日
    122人がナイス!しています
  • 何とも言葉にならない。こんなにもむごいことがあっていいのだろうか。一人では何もできなく、何も考えを持たない輩が集まり人の命を奪ってしまう。そこの何らかの動機があれば、第三者である私たちも、様々な側面か 何とも言葉にならない。こんなにもむごいことがあっていいのだろうか。一人では何もできなく、何も考えを持たない輩が集まり人の命を奪ってしまう。そこの何らかの動機があれば、第三者である私たちも、様々な側面から事件を見ることもあるだろう。だが、この事件は、なぜ起きてしまったのか、起きなければいけなかったのか全く理解できない。辛い読書でした。 …続きを読む
    fwhd8325
    2017年07月01日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

大崎善生(おおさき・よしお)

1957年北海道札幌市生まれ。日本将棋連盟に就職。「将棋世界」編集長を経て、2000年『聖の青春』でデビュー、新潮学芸賞を受賞。以後、『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞、『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。06年には『アジアンタムブルー』が映画化。近著に『赦す人』『さようなら、僕のスウィニー』など。 

最近チェックした商品