地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-

終末の世界で出会ったのは、笑顔が似合う死者の少女――。

  • 著者 鳩見 すた
  • イラスト つくぐ
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2018年06月09日
  • レーベル:電撃文庫

終末の世界で出会ったのは、笑顔が似合う死者の少女――。

 全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後――、人類はほぼ全滅していた。
荒廃した東京をひとりさすらう少年ユキトはある日、「死ぬまでにやりたい10のこと」のため北海道を目指し旅をしている少女エコと出会う。
いつも笑顔で明るい彼女だが、その正体は他に例のない“ゾンビ化していないゾンビ”だった。
 彼女の死を見届けるため、人類の敵とふたり旅に出ることにしたユキト。決意を胸に、朝日とともにいざ出発しようとするとエコがかわいく抗議の声を上げた。
「ゆっくんは、デリカシーがないなあ。支度はすぐだけど、昼間は出たくないの」
 尖った口先が、つまらなそうに続ける。
「腐っちゃうから」

第21回電撃小説大賞≪大賞≫鳩見すた × 第24回電撃イラスト大賞≪銀賞≫つくぐの受賞者コンビが贈る、
愉しくも切ない、夜の旅路の物語――。

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品