地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048938730

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-

  • 著者 鳩見 すた
  • イラスト つくぐ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048938730

終末の世界で出会ったのは、笑顔が似合う死者の少女――。

 全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後――、人類はほぼ全滅していた。
荒廃した東京をひとりさすらう少年ユキトはある日、「死ぬまでにやりたい10のこと」のため北海道を目指し旅をしている少女エコと出会う。
いつも笑顔で明るい彼女だが、その正体は他に例のない“ゾンビ化していないゾンビ”だった。
 彼女の死を見届けるため、人類の敵とふたり旅に出ることにしたユキト。決意を胸に、朝日とともにいざ出発しようとするとエコがかわいく抗議の声を上げた。
「ゆっくんは、デリカシーがないなあ。支度はすぐだけど、昼間は出たくないの」
 尖った口先が、つまらなそうに続ける。
「腐っちゃうから」

第21回電撃小説大賞≪大賞≫鳩見すた × 第24回電撃イラスト大賞≪銀賞≫つくぐの受賞者コンビが贈る、
愉しくも切ない、夜の旅路の物語――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後、荒廃した東京を1人さすらう少年が\ゾンビ化していないゾンビ\の少女に出会う。これはそんな2人の旅を描いた物語。人が生きるために本当に必要なものとは一体なんな 全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後、荒廃した東京を1人さすらう少年が\ゾンビ化していないゾンビ\の少女に出会う。これはそんな2人の旅を描いた物語。人が生きるために本当に必要なものとは一体なんなのか。この作品を読めばきっとその答えがわかる筈。死ぬ為の旅を始めた少年が、1人のゾンビ少女と出会い、彼女の明るさに触れていく事で、彼の死んだ心が再び生き返っていく。荒廃した世界だからこそ人との絆や温もり、そういったものの大切さをより確かなものとして伝えてくれる。心の琴線に触れる良い作品でした。 …続きを読む
    まりも
    2018年06月12日
    44人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 初読。ゾンビが人類を絶滅寸前まで追い込んだ後に、腐敗してほとんど姿を消した世界。生きる喜びを見失っている主人公は、意識と感情を持った変わり種のゾンビの少女に出会う。 切ない別れを予感さ ★★★★☆ 初読。ゾンビが人類を絶滅寸前まで追い込んだ後に、腐敗してほとんど姿を消した世界。生きる喜びを見失っている主人公は、意識と感情を持った変わり種のゾンビの少女に出会う。 切ない別れを予感させる色々な設定のお話しがありますが、「彼女がゾンビだから」というのは初めてです。ところどころ納得しにくい設定や展開があるものの、それらを補って余りあるのが、ヒロインの魅力です。二人が旅しながら交わす掛け合いの楽しさや深まる絆は、あの世界の夜の月ほどに輝いていました。「ふふん。いまのわたしには勇気しかないぜ」 …続きを読む
    bookkeeper
    2019年03月27日
    37人がナイス!しています
  • 再読。エコの笑顔は勇気をくれる気がする。やっぱり良作だと思います 再読。エコの笑顔は勇気をくれる気がする。やっぱり良作だと思います
    ひかはる
    2019年05月30日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品