環境再興史 よみがえる日本の自然

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040822372

環境再興史 よみがえる日本の自然

  • 著者 石 弘之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040822372

「世界最悪の汚染」からいかによみがえったのか

まえがき

第一章 鳥たちが戻ってきた
1 「千羽鶴」になったタンチョウ
2 孤島で全滅を免れたアホウドリ
3 大空にガンが返ってきた
4 野生が復活したトキ

第二章 きれいになった水と大気
1 数字でみる環境改善
2 回復に向かう東京湾
3 多摩川にアユが踊る  
4 川崎に青空が戻った
5 ブナの森が残った

第三章 どこへゆく日本の環境
1 日本人の生命観の変化
2 何が環境を変えたのか
3 環境を救ったものは
4 環境保護の将来

メディアミックス情報

NEWS

「環境再興史 よみがえる日本の自然」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アホウドリ絶滅寸前や川の流れを変える話を読むと、悲しさを通り越す。人がその環境とかかわる場合、どこまで介入が可能かどうか。過剰な環境変化を行えば本書のような環境汚染が生じることになるだろうし、全く手を アホウドリ絶滅寸前や川の流れを変える話を読むと、悲しさを通り越す。人がその環境とかかわる場合、どこまで介入が可能かどうか。過剰な環境変化を行えば本書のような環境汚染が生じることになるだろうし、全く手を付けなければ現在の利便性は手に入れられただろうか。正直悩むところはある。 …続きを読む
    hiyu
    2020年04月20日
    7人がナイス!しています
  • 明治維新からこっち、欧米諸国に追い付き追い越せ。。で来た日本は、ほんの少し前まで、環境破壊を進める劣悪国だったようだ。しかし、貴重な鳥たちが戻り、水は清らかさを取り戻しつつあるらしい。明治の工業化と、 明治維新からこっち、欧米諸国に追い付き追い越せ。。で来た日本は、ほんの少し前まで、環境破壊を進める劣悪国だったようだ。しかし、貴重な鳥たちが戻り、水は清らかさを取り戻しつつあるらしい。明治の工業化と、高度成長、バブルの時代が、環境破壊を進めた。空は煤煙に曇り、水は毒性を帯びた。森林は伐採され、保水力を失い、災害をもたらすようになった。それでも、人々は大企業や、政府、官僚たちとの厳しい対立を経ながら、少しずつ環境を改善してきた。人が快適に暮らそうと思うなら、自然はどうしても犠牲になる。 …続きを読む
    ふたば✧自宅で読書ができません。。。
    2019年11月23日
    5人がナイス!しています
  • 「鉄条網の世界史」でのベルリンの壁の狭間などにできた生物聖域的状況の紹介からの流れで読む本書。僕の年代だと学校で習うのは致命的なまでの公害とその反省からの動きの「兆し」だったけれど本書冒頭部のアホウド 「鉄条網の世界史」でのベルリンの壁の狭間などにできた生物聖域的状況の紹介からの流れで読む本書。僕の年代だと学校で習うのは致命的なまでの公害とその反省からの動きの「兆し」だったけれど本書冒頭部のアホウドリなどの事例では「そうはいってもずいぶんよくなった」ことが数多く示される。同じ場所を読んでも年代により受け取る印象はずいぶんちがうはず。後段に進むにつれ日本の成長戦略のために犠牲にされたものと「押し戻す」ための努力の数々が語られ、共感もある一方八ッ場ダムの顛末のように「本書のその後」に考え込んでしまうものも。 …続きを読む
    西澤 隆
    2020年10月18日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品