試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041067512

生まれる森

  • 著者 島本 理生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041067512

島本理生、初期の名作。

失恋で心に深い傷を負った「わたし」。夏休みの間だけ大学の友人から部屋を借りて一人暮らしをはじめるが、心の穴は埋められない。そんなときに再会した高校時代の友達キクちゃんと、彼女の父、兄弟と触れ合いながら、わたしの心は次第に癒やされていく。恋に悩み迷う少女時代の終わりを瑞々しい感性で描く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「生まれる森」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『恋に悩み迷う少女時代の終わりを瑞々しい感性で描く名作』と背表紙にあった。一人の女性が親世代の男性と恋に落ち、恋を失う。心に開いた穴を忘れようとすればするほど引っ掛かる思い出の日々、時間、シーン。自身 『恋に悩み迷う少女時代の終わりを瑞々しい感性で描く名作』と背表紙にあった。一人の女性が親世代の男性と恋に落ち、恋を失う。心に開いた穴を忘れようとすればするほど引っ掛かる思い出の日々、時間、シーン。自身の強烈な痛み(過去)は、彼を忘れたくても忘れられない自分への決別の誘い水なのか。ちょっと世を外れた経験を持つ親友の、さりげなくて心地よい寄り添い、そしてその親友の家族が放つ真の優しさに癒され徐々に自分を取り戻す主人公。瑞々しくも美しい筆致は、まさに島本さんらしさを感じる。女の子同士の柔強な友情が美しい‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2020年02月26日
    292人がナイス!しています
  • 主人公の『わたし』が友人のアパートでひとり暮らしを体験する中、友人のキクちゃん、兄の雪生など様々な人との関わりを通じて心がほぐされていく、深い森の中から外の世界への道が見えてくるのを感じさせるこの作品 主人公の『わたし』が友人のアパートでひとり暮らしを体験する中、友人のキクちゃん、兄の雪生など様々な人との関わりを通じて心がほぐされていく、深い森の中から外の世界への道が見えてくるのを感じさせるこの作品。大学生の島本さんだからこそ描けたその瑞々しい感性の世界に「生まれる森」という絶妙な書名の意味を噛み締めることになるその結末。『君はたぶん、自分で思っているよりも、まわりが思っているよりも、ずっと危ういんだと思う』。危うさを感じさせる『わたし』の心に一筋の光射す結末に、今に至る島本さんの原点を見た作品でした。 …続きを読む
    さてさて
    2022年06月22日
    157人がナイス!しています
  • 年上の男性との失恋により喪失感に苛まれる主人公。友人家族と共に過ごすことで少しずつ再生されていく。森の木立みたいに、朽ちていく木もあれば芽吹く草もある。透明感溢れる文章と作者の感性がとても好き。森林浴 年上の男性との失恋により喪失感に苛まれる主人公。友人家族と共に過ごすことで少しずつ再生されていく。森の木立みたいに、朽ちていく木もあれば芽吹く草もある。透明感溢れる文章と作者の感性がとても好き。森林浴したあとのような気持ちの良さが残りました。ただ雪生との関係の変化をもっと丁寧に描かれていたらなぁとも思いました。島本さん、大学生のときの作品だそうでその才能に驚きです。 …続きを読む
    aoringo
    2020年03月12日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品