角川文庫

リトル・バイ・リトル

島本理生、「家族」の輪郭を描き出す野間文芸新人賞受賞作。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041067505

角川文庫

リトル・バイ・リトル

島本理生、「家族」の輪郭を描き出す野間文芸新人賞受賞作。

  • 著者 島本 理生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041067505

島本理生、「家族」の輪郭を描き出す野間文芸新人賞受賞作。

ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「リトル・バイ・リトル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【再読】第25回野間文芸新人賞受賞作品。9年程前に読んだ時は、余り印象の残らない退屈な作品だと思っていましたが、今回改めて再読してみると、ふみと周の会話がとても心地よく、荒々しい感情や出来事がある訳で 【再読】第25回野間文芸新人賞受賞作品。9年程前に読んだ時は、余り印象の残らない退屈な作品だと思っていましたが、今回改めて再読してみると、ふみと周の会話がとても心地よく、荒々しい感情や出来事がある訳ではないのに、優しく心を静かにさせてくれる作品だと、感じました♪静かに描きながら、主人公が成長していく様は、吉本ばななさんの作品の雰囲気に似ています!ページ数も少なく、テーマも重苦しくないので、これから時々再読してみたい作品です♪★★★☆☆ …続きを読む
    白きゅⅡ
    2018年06月01日
    21人がナイス!しています
  • たまたま図書館で借りた本。母と腹違いの妹と三人で暮らす主人公のボーイフレンドや行方不明のダメな父親に対する想い、この年齢ならではの感性が書かれている。 たまたま図書館で借りた本。母と腹違いの妹と三人で暮らす主人公のボーイフレンドや行方不明のダメな父親に対する想い、この年齢ならではの感性が書かれている。
    シフォン
    2018年07月07日
    20人がナイス!しています
  • 島本作品だから、と恐々しながら読みましたが あらすじ通り光に向かってゆく瞬間を切り取ったお話でホッとしました。周くんとか どんだけ信頼していいのかわからなくてだいぶビクビクしながら読んでいました。今ま 島本作品だから、と恐々しながら読みましたが あらすじ通り光に向かってゆく瞬間を切り取ったお話でホッとしました。周くんとか どんだけ信頼していいのかわからなくてだいぶビクビクしながら読んでいました。今まで島本作品から受けてきたクズ男性キャラによるトラウマの蓄積が 思わぬところで主人公の気持ちに重なることになった。もしこれが初めての島本作品だったら全く別の感想になってると思う。果たして自分が何を感じるのか想像もつかない。 …続きを読む
    sakai
    2018年06月10日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品